リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

seko

リフォームしたら、なんだか部屋が広くなったように感じます

date

北名古屋市 M様
水廻り複合

リフォーム前の現場の様子

建築当時から一度増築しただけで、長くそのままお使いいただいているLDKです。
床の劣化が進み、歩くとフローリングが沈み込んで抜けるような感じがありました。

費用110万
<内訳>LDK:床下地の貼り替え、床下断熱工事、無垢フローリング貼
洗面所:床下地の作り直し、壁の塗り替え
     洗面台および照明器具の取り替え、洗濯機の位置の変更
工期2週間

打ち合わせ内容

昨年春にマンションリフォームをしていただいたK様の奥様のご実家に当たります。
マンションリフォーム中から少しお話をいただいていたのですが、昨年の10月末から本格的な調査に伺いました。
内部と外部のリフォームのご相談で、内部のリフォームは主に床のリフォームをご希望いただきました。
永く使ってこられたLDKはお子様世帯もよく集まられるために使用頻度が高く、床はあちらこちら歩くと
沈み込むようなところまで劣化が進んでいました。
皆が安心して歩けるようにしてほしいと言うのがM様のご希望でした。
また、洗面所の床は、シロアリが出たり、浴室の扉の結露で床に水が浸透し浴室手前の床は壁の下部まで動いてしまう状態でした。
この先ユニットバスの工事をする予定が無いとの事で、洗面所だけのリフォームをご希望いただきました。
床の根本的な作り変えと、配管の詰まりが洗浄できないとの事で洗面所の中央へ出てきてしまっている洗濯機を何とかしてほしい、さらには、洗面台はハンドルが壊れてお湯が出ないのでお困りでした。
洗面所に関しては、劣化をすべて取り除いて作り変える工事を提案させていただきました。

After

DSC05135
排水の関係で前に飛び出ていた洗濯機もきちんと収めることができました。脱衣のスペースをしっかり確保できましたので、たくさん見えるお孫さんの為にも安全に入浴前の準備ができると思います。

DSC05137
配管の漏水が過去にあり、洗濯機を前に出していつでも排水の部分をチェックできるようにしていたM様。今回リフォームで排水の位置を手前にだしています。また、万が一の時にも水が床にたまらないように、小さな防水パンも設置しました。洗濯機の下に足を置いて高さを挙げて配管が通るように工夫してあります。

DSC05136
下地の腐食が進行し、歩くと今にも抜けそうだった浴室手前の床も、下地から作り変えることで固いしっかりした床に治せました。お風呂のドアの結露が原因で、根本解決にはユニットバスに今後リフォームするしかありませんが、下地ごとのリフォームをしてあるので、次に床が心配になるのは当分先になります。ユニットにしない!と言われるM様のご意見を尊重してのリフォームとなりました。

DSC05138
セパレートの小さな洗面台でしたが、リフォームで既設の吊戸棚の下にピッタリ納まる大きな洗面台を設置しました。背面の壁を補強したり、配線したりと意外に費用も手間もかかる工事となりましたが、すっきり納まった姿を見て費用以上の効果がでているかな?と思います。

DSC05139
洗面所の幅を最大限に利用して、60cmの洗面台と60cmの洗濯機がピッタリ並びました。採寸をきちんとしてのリフォームが美しい仕上がりへの第一歩となります。

DSC05141
家具などがもとに戻ってしまい、写真の撮影が難しくなってしまったので全体像がお見せできませんが、無垢のオークで貼り変えたダイニングキッチンの床です。オークの色合いが部屋の雰囲気とよく合っています。また、ストーブの温かみを無垢が吸い込んで床がとても暖かい脚触りになりました。

before

DSC04249
床の劣化さえなければ、使う上では何も問題が無いLDKです。以前奥に見えるキッチン部分を増築されており広いLDKとなっています。床は歩くとどこも沈み込む感触がありました。

DSC04232
洗面所と浴室の間の床は水による腐食が進んでいます。何とか食い止めようとご主人様が苦労した後が見えます。このおかげで腐食が緩やかに進行したようです。

DSC04233
床の腐食部分を指で押すと床が沈み壁の中が見える状態でした。明らかに水が壁の下にある土台に侵入していて床を支える事が出来なくなっています。

DSC04224
洗面台はお湯が出なくなっていました。そして・・・ちょっと小さ目です。寸法をきちんと当たってもう少し大きい洗面台が付きそうでしたので、入れ替えをさせていただきます。

施工の流れ

DSC04720

LDKの床の工事から着手させていただきました。まずは劣化しているフローリングをすべて剥がして下地をむき出しにしていきます。

DSC04721

フローリングは釘で根太と呼ばれる材料に打ち付けてあります。フローリングを捲った後に、この釘を1本ずつ抜いてきます。手間ですが、これを打ち込んだりして抜かないと出来上がりの歩行感に違和感を感じます。手間な工事が一番大切なのがリフォームです。

DSC04724

LDKの境にあった家具。当初びくともせず、動かして工事は難しいと思っていたのですがなんとか大工さんが外してくれました。フローリングは下地の合板と2重貼りになるため家具の脚を短く切り詰めてくれるのも大工さんです。本当にいつも感謝です。

DSC01370

下地の合板を貼る前に断熱材を全面に敷き込んでいきます。隙間もなくなり床下の湿気が上がる心配もありません。

DSC04723

断熱材が敷き込めたら次は合板を貼っていきます。住みながらのリフォームですので、先にダイニング側を下地まで仕上げてから奥のキッチンを解体して作っていきます。家具も冷蔵庫もそのたびにみんなで運んで移動させます。荷物を出してくださるお客様も大変です。

DSC04729

合板の下地を貼り終えるといよいよ無垢フローリングを貼るための準備に入ります。今回はキッチンに勝手口があるので、その部分のカバー工法の框を取り付けるところからスタートです。

DSC04730

仕様させていただいた無垢材はオーク。水回りに貼るためにウレタンの塗装がしてあるものを貼っています。冬場は乾燥しているために、夏場より多めに隙間を作りながらフローリングを貼ります。膨張時期の夏に突き上げが来ない為の配慮です。まれに・・・これをやっていても思いがけない湿気で突き上げる事も・・・。自然の物を扱う難しさはなかなか変わりませんね。

DSC04746

キッチン側から貼り始めた無垢フローリングもいよいよ最終段階です。ダイニングの床まで貼りあがると第一期工事が完了です。部屋の雰囲気もガラリと変わりました。床だけのリフォームでも部屋のイメージを変える事が可能です!

DSC04747

洗面所のリフォーム工事へ移りました。お風呂の水が洗面所の床に回ってしまって腐食がかなり進んでいました。今回は床の下地だけでなく、床組本体からやり直しとなります。まずhあ、どんどん腐食部分を壊していきます。

DSC04750

床を最初に支える水平材は大引きと呼ばれる材料です。通常は90mm角の材料が使われるのですが、今回はそれより細い材料が使われていました。さらに、水が回った事により壁際の大切な部分がシロアリに食べられてしまっています。

DSC04749

お風呂と洗面所の取り合いの部分の床下のアップ写真です。下の方には土台があるのですが・・・水を吸って炭かが進み上の土壁と同化しているように見えます。土台を変えたい所ですが、柱との取り合いや工事の範囲が大きくなりすぎる事から今回はそのままにさせていただいて、手前にもう一つ床を支える躯体を作る方向で進めていきます。

DSC04751

さらに土台をアップすると劣化が進んでいるのがよく分かります。この部材に力を持たせないようにするための提案が今回の工事のメインとなりました。洗面所の床の劣化は壊して追加金額を請求されることが多い場所です。最初の調査を慎重にしてもらってくださいね。

DSC04752

この写真は水が回っていない場所の洗面所の土台廻りです。健康な材料を見ると、前の劣化写真の緊急性がご理解いただけると思います。

DSC04767

新しい床組に取り替えたところで次は新しい洗面台に合わせて、また、使いにくかった洗濯機の排水管の移動を行いました。

DSC04768

配管の設置が完了した所で、床の断熱材を入れ込みながら新しい合板の床下地を貼っていきます。工事中、お風呂は使えるようにしているので、合板は最終段階まで仮敷きで使っていただいていました。これでようやく本敷きができました。

DSC04769

床の工事が終わると、最後は壁の下地を取り付けます。今回はキャビネットのある通常の洗面台が付くためにプラスターの土壁ではその重さを受けることは難しいのです。その為に合板を柱の間と土壁の小舞に固定させて下地を作っていきます。

DSC04812

床のクッションフロア張り替え工事が完了しました。壁の既設のタイル廻りも木の見切りを取り付けさせていただいたので以前の腐食部分は全てリフォーム完了となりました。

DSC04813

床の解体の際に一緒に割れが出てしまっていた壁の左官工事も完了しました。今回は珪藻土は若干入ったジュラクで塗らせていただいています。湿気の予防にもお役に立てるはずです。あとは設備を付けて完成です。

担当者の声

担当:中島、渡邉

北名古屋市のM様は、昨年春にマンションリフォームをしてくださった北名古屋市のK様の奥様のご実家です。
今回、ご紹介をいただいて工事をさせていただく事になりました。
内部は大掛かりな解体を伴う工事というよりは、劣化が進んでしまったところを、今後不自由すること無くお使いいただけるようにリフォームさせせていただいています。
この工事以外にも、外では外壁塗装や屋根のリフォームも一緒に施工いたしました。
M様ご夫婦ともに、とてもお話が楽しい方で、現場に行くとついつい話込んでしまうという事も。
工事中、いろいろ興味をもってくださり、たくさんの質問をいただきました。職人さんが答えたり私たちがお話しする間きちんと聞いてくださって、工事が終わるころには「私たちもとっても知識が身についちゃったわ~」とニコニコ言われたことがとても印象的でした。
リフォームは私たちがするのですが、実際お使いいただくのはお客様ご自身です。
どうして、こうゆう風に劣化したのか
なぜこうゆう風に治すのか
今後、どうやって自分でメンテナンスしていったらいいのか・・・
などなど、知っていてもらった方がいいことが多いのが「家」というものだと思います。
興味をもって、丁寧に自分で手を加えてくださるM様ご夫婦にとって、少しでもメンテナンスが楽になるよう施工させていただきました。
末永く、今後ともお付き合いいただけると嬉しいです。
ありがとうございました!
「リフォームしたらどんな感じになるんだろう?」「リフォーム工事ってどうやって進むのかな?」施工事例を見てみよう!
ナチュラルステージが頑張れるもとは、お客様からの言葉です!お客様からいただいたお手紙
一級建築士&主婦だからこそ話せるリフォームのコツお客様のお役に立つ為のこだわりが満載!!
壊してみないとわからない!?リフォーム費用の落とし穴!!大公開
失敗しないリフォームアドバイスナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

チラシでおなじみナチュラルステージのリフォームイベントの最新情報はこちら

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

イベントの最新情報を見る

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

施工事例

採用案内

お客様の声

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました! Reform2に掲載されました!

OBの皆様へ

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

スタッフ紹介ページを見る

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ