リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

seko

清須市全面リフォーム工事(施工中盤~完工まで)

リフォームの概要

外部:板金外壁材の貼り増し工事および部分塗装
外部建具:ルーバー雨戸への取り換え、ペガラスへの入れ替え
玄関ホール:内装のリフォーム、収納の新設
トイレ・洗面所:設備及び内装のリフォーム
お風呂:ユニットバスへの入れ替え
キッチン:システムキッチンの入れ替え及び横対面キッチンへレイアウト変更
ダイニングキッチン:内装のリフォーム
ガス工事:ガス給湯器・ガス配管の全面入れ替え
給排水工事:給水・給湯配管の全面入れ替え
電気工事:レイアウト変更に伴う電気設備全面入れ替え
その他:間取りの大幅変更と一部耐震工事、シロアリ薬剤散布

date

清須市 I様邸
全面リフォーム

リフォーム前の現場の様子

I様ご夫婦がまだお若い時にお父様と一緒に建てられたご自宅です。ご夫婦共の定年を機に今後快適に暮らせるようにとリフォームを決意されました。

費用1300万
工期3か月半

打ち合わせ内容

I様ご夫婦の定年に伴って今後の生活が快適になるようにしたいとのご希望でリフォームの計画がスタートしました。
間取りの大幅変更をしつつ、少しでも使いやすく、夏涼しく、冬暖かなご自宅になるよう間取りをご提案しています。
まだI様ご夫婦がお若い時に立てたお家で、ほとんど手を加えることなく大切に住んで頂いていました。
長年、お仕事に家事にと頑張ってこられた奥様へのプレゼントでダイニングキッチンに関しては奥様のご希望をできる限り入れ込む形で計画が決定しています。
さらに、防犯に対しても気にされていらっしゃるご様子でしたのでより安全な商品をご提案しました。

After

it_001
内部のリフォームの合わせて、外壁のリフォームも一緒にさせていただきました。この先、メンテナンスを極力減らしていただくために、今回は塗装は部分的に行い、メインはガルバリウム鋼板での増し貼りによるリフォームをさせていただきました。雰囲気をガラリとかえた濃いブルーの外壁材は重厚感があって道路からひときわ目立つ存在となりました。

it_002
今回、外部では雨戸もリフォームしました。ルーバー式の雨戸を採用し、雨戸を出し入れしなくても採光や風を取り入れることができる商品を組み込ませていただきました。雨戸を閉めてロックを掛けた状態でルーバーを閉じた状態は写真の通りです。

it_003
雨戸のルーバーを開けた状態です。真ん中の桟から上下に分けられているので上だけ開けたり、下だけ開けたり使い勝手に合わせてカスタマイズできて便利です。何より鍵をかけた状態で光も風も入れられるので、空き巣に入られてしまったお家には是非お勧めしたい商品です。

it_004
「夜になると、まるで旅館のよう・・・」そう言われるのはご主人様。壁も天井もジュラクにて仕上げさせていただきました。既存の柱は綺麗に磨いて、ダウンライトは思い切って濃い枠を採用し、新しい柱は既存に合うよう塗装て・・・。細かな職人さんの努力が合わさってできた和の玄関ホールです。

it_005
縁側も内装をリフォームさせていただきました。床は和のイメージに合わせて竹の無垢フローリングで仕上がっています。隣り合う和室とも杉の無垢材が貼ってあるリビングともよく合います。窓を開けるとそよそよと吹く風にカーテンが揺れ動いて、何とも言えない懐かしさと安らぎを感じることができますよ!

it_010
玄関入ってすぐの所にはたっぷりの収納棚を設けてあります。当初の作りがユニットバスの規格寸法より大きく作られていたお風呂の空間を、リフォームで廊下からの収納にチェンジさせてあります。柱を抜かないよう、収納しやすいよう、掃除しやすいよう、見た目がきれいに納まるように、いくつかの細かな仕掛けが施された収納です。

it_007
もともと、畳一枚分しかなかった洗面所。服を脱ぐには年を重ねると大変になることが予想されました。元の収納部分とお風呂の部分を少しずつもらって2帖以上の広さの洗面所になっています。内装は・・・もちろんガイナ!!ですとも。断熱性は使ったお客様から大絶賛してもらっています。続きのキッチン側の扉を開けておいてもらうだけで寒くなくなります!

it_006
お風呂は今回TOTOのサザナを採用。ショールームに行ったのが丁度秋の初め。爽やかなブルーのアクセントパネルをチョイスされたのには、気温が多少影響を与えていたかもしれないですね。フルスペックで断熱材がついているので、冬が今から楽しみです。

it_008
断熱重視のお風呂と洗面所。念のため、洗面所の中にもガスコックをご用意しました。どのコックが一番使いやすいかは、使ってみないとわかりませんから。洗面所の脇には、最近標準仕様になりつつあるキッチンパネルが貼ってあります。水の飛び散りのお掃除ガイナであれば問題ないのですが、奥様の気持ち的にパネルの方が気楽のよう。遠慮なく使えるっていいですものね。

it_011
元の洗面台があった空間に移動したトイレは、廊下の一部に組み入れる形となりました。掃除がしやすいように腰まで竹の無垢材を貼り、それ以外はジュラクで仕上げてあります。便器はTOTOのサティスを採用いただいたので、空間が広くお使いいただけます。手洗いは、お風呂との取り合いを考えつつ、部屋内へ飛び出さないよう工夫して納めてあります。

it_009
キッチン、廊下、洗面所が建具を挟んで回廊のように使っていただける間取りになりました。季節が良い時に全部の引戸をあけて、玄関も網戸にしていただくと風がいろいろな方向に流れて気持ちよく過ごしていただけます。また、廊下に出なくてもいける洗面所は家事動線短縮の基本形ですね。

it_014
木のぬくもりが漂うLDKのメインのアクセントはキッチン!部屋に入った瞬間は杉の無垢材が貼られたキッチンカウンターによって、見えることはありませんがキッチン側に回ると落ち着きのある赤い扉が目に飛び込んでくる仕掛けになっています。一見、落ち着いた色合いに納まっているかに見えるLDKに元気を注入してくれます。

it_018
キッチンから見えるダイニングスペースと扉向こうのリビングスペースは、空間の仕切りを1つ分減らしただけですが驚くほど広がりを見せてくれます。キッチンに立つ奥様には玄関・ダイニング・リビングが一目で見渡せて解放感抜群です。

it_017
ダイニング側からキッチンを見ると、唯一見える赤い換気扇のフードだけでなく、新しく見せることにした丸太や角材の梁の凹凸が住む人にとって心地よいリズム感を与えてくれます。すべてがきちんと納まっている中で見える寸法や形が違う梁は部屋の緊張感を緩和してくれますね。

before

DSC02020
玄関からつながるホールと縁側もところどころにシミが出来ていたり、仕上げに使用しているジュラクも落ち始めています。玄関からつながる空間は新しく内装をリフォームしていきます

DSC02232
天井に使用している木板も日焼けしたり、若干雨漏りの跡が有ったりと十分使いこまれた感じになっています。

DSC02002
以前漏水をしているお風呂。その為、今後の事も考えて全面的に給水、給湯配管を入れ替えることにしました。リフォームして配管があとで経年損傷する心配を抱えなくてもよいので安心ですね。

DSC01999
脱衣専用の空間です。入浴前後の着替えスペースとしては今は十分でも、将来、動作がゆっくりになった時には少し狭さを感じる大きさでした。洗濯機も外部に置く間取りになっています。

DSC02013
手を洗ってから家の中に入るという動線を実行できるように作られた玄関脇の洗面スペース。残念ながら、ここで顔を洗ったりすることはほとんどなかったそうです。きちんと使える位置へ移動していきます。

DSC02010
タイル貼りのトイレでお掃除を頑張ってくださった奥様の努力で、綺麗な状態が保たれていました。しかし、他の間取り変更に伴って位置を変える事にしました。リフォーム後も使いやすく、少し広い、掃除のしやすいトイレへと変えていきます。

DSC02026
長年I様邸のお食事を支えたキッチン。使いやすいポジションへ調理器具が配置されていて使いやすそうです。ただ、ダイニングに背を向ける形になるので今回思い切って横の対面キッチンへレイアウト変更です。収納も増やして今以上の快適スペースへとリフォームします。

DSC02028
通常のダイニングより若干広めの空間です。家具も少ないのですが、テーブルの存在感が大きいのが特徴です。お隣の和室とつなげて壁も抜いてテーブルに似合うダイニングキッチンへ変えていきます。

DSC02036
ダイニングの横の和室はご主人様の書斎となっていました。定年後もお忙しく次のお仕事をされていらっしゃるのですが、この空間を奥様にお渡しいただける事になったのでダイニングとして変えていきます。

施工の流れ

DSC02663

外壁材の増し貼りに合わせて外部の設備関係を取り付けていきます。職人さん同士のタイミングが難しいです・・・。

DSC02662

外壁は塗装とガルバリウム鋼板の増し貼りの両方行っています。いままでと雰囲気が変わって重厚感がでる外壁になると思います。

DSC02664

家の中では洗面所の無垢フローリング貼りが進行中です。これでいよいよ残すは廊下とトイレ!!工事も中盤を過ぎてだいぶ全体像が見えるようになってきました。

DSC02667

今日はキッチンの接続の日です。メーカーは組立だけ行うので後日ガスや水道、電気の接続が必要になります。キッチンの下にもぐって接続です。キッチンは真っ赤!杉の無垢フローリングと相性が抜群の色です。

DSC02666

ユニットバスの裏にはトイレの手洗いが付きます。その為の配管工事も完成です。

DSC02670

アウトセットの引戸のレールが取り付けられています。ここへ扉をつるしてレールカバーを取り付けて完成となります。ここまで来るとダイニングキッチンの完成まであと少しです。

DSC02671

洗面所の入り口のアウトセットのレールも無事に付きました。細かな寸法を追って収納との絡み具合を考えながら位置を決めてありますので、気持ちよくぴったりと納まります。

DSC02672

トイレの部分の造作に入りました。今回少しトイレの奥行を深くして使いやすくリフォームする事になっています。取り合いの玄関もトイレ自体も真壁納まりという柱を見せる仕上がりになります。その為使う材料は全て現場に合わせてオーダーで化粧材を使っていきます。傷をつけないよう細心の注意を払って施工します。

DSC02673

洗面所は仕上げのガイナ塗装に入ります。すべてをきちんと養生してクロスと同じくパテ処理を行っていきます。

DSC02674

リビングではクロスの下地処理をさせていただいています。この処理が甘いと仕上げに営業があるので丁寧に行っていきます。

DSC02675

下塗り中のダイニングキッチン。この段階が一番見た目がまだらで仕上がりがイメージできない瞬間です。クロスを貼り替えるとガラリと雰囲気が変わっていきます。

DSC02690

トイレの造作工事が本格的にスタートしました。腰から下には無垢の竹を貼っていきます。その為の下地工事を行っています。真壁の壁を残しながら綺麗に見えるように腰壁を作るため、mm単位の打ち合わせを大工さんと何度も確認して行います。これが・・・楽しい作業なのは設計だからでしょうね。

DSC02689

トイレの納まりを決めながら、同時に隣にある収納スペースの下地の納まりも決めていきます。ここは扉が付かない部分です。その為、細かな納まりがすべて見える事になります。真壁の廊下と大壁の収納、柱周りをいかに見せるかがカギとなります。

DSC02726

収納庫の内部が仕上がりました。ここへ可動棚を取り付けて完成させていきます。

DSC02727

洗面所のガイナ塗装が完成されました。パテ処理をして、下地の動きで割れないよう工夫しています。冬の断熱効果を楽しんでもらえたらなあと思います。

DSC02730

リビングの無垢フローリング貼りもスタートしました。ここが終わると玄関とトイレを残すのみとなります。作業場所が減っていくので大変になっていきます。

DSC02729

クロスの工事が終わりました。部屋の色が白へと変わると赤のキッチンがとても綺麗に映えますね。クリーニング中ですが、これで養生が取れるとまた雰囲気が良くなります!

DSC02732

玄関の工事がスタートしました。床を貼るレベルを決めるために式台と、カバー工法の上がり框を取り付けていきます。式台は新規で作るため下地から作っていきます。

DSC02733

トイレの腰壁が貼り終わりました。竹の無垢材は厚みがあるので、真壁との処理部分は見切りを加工することで対応してあります。細かなことですが、自己満足と言えば自己満足ですが、出来上がりのきれいさが全然違いますよ。

DSC02734

洗面所のガイナが完成し養生が取れました。あとは設備を付けて完成となります。

DSC02737

ダイニングキッチンのクリーニングが終わり、養生も撤去できました。キッチンの赤と、杉材がとても良く合っていますよね?パインでなく杉を使ったことでカントリー調もでも雰囲気が大人!素敵です。

DSC02738

玄関廻りの造作が完了しました。式台も新しくできて玄関からホールへ上がるのが楽になると思います。この式台にあわせて下駄箱の脚をカットしていく予定です。

DSC02739

塗装工事も同時に入ります。木部の塗装は何度も塗りに来てもらう手間のかかる工事です。一番最後に塗ればいいのでしょうが、他の仕上げとの絡みで先に塗る必要があるので手直しがどうしても発生します。塗装屋さんの優しさに甘えて乗り切ります!

DSC02740

トイレの腰上部分の塗り壁用下地が完成しました。これであとは左官工事を待つのみです。久しぶりにトイレがジュラクです。仕上がりが楽しみなのはお客様だけではありません。

DSC02754

洗面所の設備の取り付けがスタートしました。洗面台と洗濯機関係部材を取り付けていきます。クリーニングも終わっているので綺麗なところへ設置していきます。

DSC02756

洗面台に先駆けて、完成したばかりのトイレスペースに便器と手洗いが設置されました。こちらはまだ、内装が完了していないので、便器がついても出来上がった感じがしませんね。

DSC02757

洗面所の設備取り付けが完成しました。電気工事が残っていますが、使える状態になりました。一部屋ずつ完成していきます。工事も最終へ進んでいきます。

DSC02806

外部の板金や塗装工事が完了し足場が外れ、ようやく新しい雨戸を入れることができました。一見ふつうに見える雨戸ですが・・・。

DSC02807

最近じわじわと人気になりつつあるルーバー雨戸です!こちらは不二サッシの商品。防犯状態で風を入れることができます。目隠しもできて便利です。もう少しお値打ちなってくれると、もっと普及するのになーと思ってます。

DSC02805

玄関、廊下の左官工事の下塗りが完成しました。いったん漆喰のような白い雰囲気になりましたが、まだ下塗りの段階です。このあと上塗りで柔らかなベージュに変身します。この漆喰風も・・・素敵ですが。

DSC02804

トイレも腰上を左官で仕上げる予定になっています。腰下の竹との相性も絶対いいはずです!味のある深みのある仕上がりになりそうで楽しみです。

DSC02808

玄関ホールの左官の上塗りが完成しました。洋風の玄関も好きですが、なんとも言えない落ち着きを感じてしまうのは和風の玄関ですね。淡いベージュに仕上がるジュラクで今回は仕上げをさせていただきました。

DSC02810

せっかくなので、南の縁側部分も左官で仕上げをさせていただきました。天井はプリント合板が貼ってあったので下地を貼り増しして、左官で仕上げさせていただいています。どこかの旅館の廊下を思わせる感じになって、私も大好きな懐かしい雰囲気を出せました。

DSC02812

キッチンの後ろにはパントリーを完備。吊戸棚を撤去する方向でよくお勧めすることが多く、パントリーが大切になってきます。食器やストック品。資源ごみなども入ります。

DSC02813

キッチンカウンターの塗装工事が完成したので、油とびを防ぐフロントスクリーンを設置させていただきました。これで遠慮なくお料理ができます!

DSC02845

リフォーム最後の工事は建具の入れ込みです。既製品の建具は設置できていますがオーダー建具は一番最後です。サービスで既存の残した建具の調整もさせていただきました。

DSC02846

工事が完了するのに合わせてクリーニングも完成です。今回の工事はこれで終了。後日、完成の写真を撮影させていただく予定ですので、どうぞお楽しみに。

担当者の声

担当:中島、渡辺

ホームページをご覧になって来店してくださったI様ご夫婦。
定年退職で少し時間に余裕ができた事もあって、今まで手をあまり加えてこなかったご自宅のリフォームを考えられるようになったそうです。
現在独立をされているお子様にもご相談いただいてからリフォームのお打合せをスタートとなりました。
1階を和室を残して全面的にリフォームをされることになり、お子様ご家族様が戻られて人数が増えた時にもみんなでダイニングで集まれるようにと、ダイニングキッチンに隣接していたお部屋をダイニングキッチンに組み込む形でプランニングをさせていただきました。
初めてプランをお見せした時に、I様ご夫婦にとって意表を突かれる間取りだったようで、馴染んでいただくまでにお時間がかかり、キッチン本体の位置を「これでよかったんだ」と思っていただけたのは、実際にキッチンカウンターを設置した時だったのではないかと思います。

パースは、イメージはつかめるかもしれませんがスケール感が抜け落ちやすく、パースによる間取り確定は実は一番、「イメージと違う」と言う印象を与えてしまいやすく、当社では現在パース作成を行っておりません。

新築と違い、リフォームは今ある状態からリフォーム後をイメージしなくてはなりません。
お客様にとっては難しい作業で、I様ご夫婦も最後は私を信じてくださっての着工だったと思います。
そのプレッシャーはありましたが、出来上がった時のお二人の安心された表情を見ることができて本当にうれしく思います。
解体中に、想定外の劣化が発見された時もきちんと説明を聞いてくださって、対応策にもご理解をすぐしていただけました。
おかげで、工事も止まることがなく無事に進めることができました。
一番うれしかったのは、ナチュラルステージの職人さんを全員気に入ってくださったことです。
工事中、職人さんが工事をしやすいように常に気を配ってくださって、職人さん全員がとても気持ちよく作業をさせていただく事ができました。
本当にありがとうございました。
まだ、雨戸の出し入れ時の改善を宿題にいただいています。いつか、ここも合格点をいただけるよう、新しい部材に目を配っていきます!!

最後に、夜遅くの現場打ち合わせなど、やむおえず連れて行った息子の相手までしていただいて本当にありがとうございました。
いつお会いしても、にこにこと迎えてくださるお二人のご自宅をリフォームをさせていただく事ができ本当にうれしかったです。
これから、メンテナンスで長いお付き合いとなりますが、どうぞよろしくお願いいたします!
「リフォームしたらどんな感じになるんだろう?」「リフォーム工事ってどうやって進むのかな?」施工事例を見てみよう!
ナチュラルステージが頑張れるもとは、お客様からの言葉です!お客様からいただいたお手紙

お客様からよく頂くご質問

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る
建築家ブログを見る

チラシでおなじみナチュラルステージのリフォームイベントの最新情報はこちら

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

イベントの最新情報を見る

契約前に聞いてみよう!リフォームのセカンドオピニオン

女性一級建築士にリフォームの相談をしよう

リフォームこそ一級建築士にお任せください

中古住宅の購入をご検討中の方へ

現場日記

RSS表示パーツ

採用案内

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました!Reform2に掲載されました!

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

男・ブログ

RSS表示パーツ

OBの皆様へ

施工事例

お客様の声

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

イベント相談階にお気軽にお越しください

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

一級建築士 免許証

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

一級建築士免許証

一級建築士事務所登録証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ