リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

seko

豊山町古民家再生リフォーム(建て方~造作編 2章)

リフォームの概要

屋根:瓦および下地からの全面葺き替え
外壁:リフォーム箇所のみ板金の張替
増築:お風呂と洗面所を既設の増築部分を解体し規模を縮小して増築し直し
内部:既存のLDKと洋間を使ってのLDK全面リフォーム
   和室を洋間へ作り変え
   押入れをクローゼットへ作り変え
排水:将来下水用準備工事
ガス・電気・給水・給湯工事:全面新設
外構:テラスの組み付け

date

豊山町 A様
全面リフォーム
古民家リフォーム

リフォーム前の現場の様子

築60年のご自宅。最初は家の中だけのリフォームにとどめる予定だったA様ご夫婦でした。
しかし、調査にて小屋裏に上がらせていただくと、小屋裏からは外部の明りは入るくらいに
瓦の下の土が動いてしまっていました。
今回は屋根の葺き替え工事も一緒に行うことになりました。

費用2300万
工期3.5ヶ月

打ち合わせ内容

もともとご両親様が住まわれていた築60年の古民家。
その母屋を新しくA様ご夫婦が住み継がれることになり今より使いやすいようにとのご希望を頂きました。
水回りは増築部分を作り変えて新しく作っていくことをご希望されましたので
できる限り最小限での増築で母屋と違和感が無いように作っていきます。
また段差が激しく天井も低かったLDKも調査の結果改修できそうでしたので
バリアフリーを基本に梁みせを視野に入れながら奥様希望の対面LDKを作っていきます。
新しく洋間やクローゼットを作り生活が成り立つようなプランとなっています。
今までA様がお住まいだった離れは、新しく娘様ご夫婦が住まれることで
年内完工を目標に一気に工事が進みます。引っ越しまで含めて年内に完成できるようになっています。

After

and_001
屋根の全面葺き替えをさせていただきました。瓦は立てた当時からメンテナンスをしていただいていましたが、リフォーム前に小屋裏に上がると空が見えるところもあって急遽リフォームする事に。いぶし瓦を使用し、土は取り除いて桟打ち仕様で葺き替えました。見た目を変えたくないご主人様の意向を組んだ葺き替えです。

and_003
玄関を開けると建具に囲まれたホールが。この部屋は基本リフォームをしていないですが、建具のガラスをすべて樹脂にかえてあります。建て付けの不具合も直し古民家の良い所を残したままでお使いいただけるよう手を加えました。

and_005
玄関ホールの正面にダイニングを設けました。対面カウンターもあるため、少し離れたダイニングでも大丈夫との事でこの位置に。耐震補強の筋交いを表しにして引戸を開けると玄関から洗面所の方へ風が抜けるようになっています。

and_006
対面カウンターからダイニングをみたところです。天井の高さに変化があるためつながった空間ですがそれぞれ独立した空間に見えます。対面カウンターの上に出てきた、以前の梁も素敵なアクセントになっています。

and_007
リビング側から対面キッチンを見たところです。天井の高さがバラバラなのは古民家ならでは。平屋部分ですので上げることができた中央部分の天井の高さは2m80cm。施工と照明の配置に苦戦しましたが見た目の変化がおもしろい空間に仕上がりました。

and_009
キッチンからの風景はこんな感じに見えます。対面キッチンを強く希望されたA様の奥様。リフォーム後は対面カウンター越しの会話を楽しんでいらっしゃるようです。吊戸棚がないので目線をさえぎらず梁やペンダントタイプのレトロな照明も目に入りいい雰囲気が一番見える場所です。

and_012
リビングです。家具は最小限に押させていただいて、かつ高さの高いものはピアノを除くと何もありません。部屋の幅に限りがあるのに対して部屋の奥行は深いため、天井を揚げることでバランスがとれました。ゴテゴテ飾らなくても年月が深みを出してくれます。

and_013
今回のリフォームで一番見ごたえがある空間が、じつはこのトイレ。二方からの梁でまるで店舗のようなデザインとなりました。タンクのないLIXILのサティスにしていただいたので設備の重心が下がり梁が低い位置に出ても圧迫感がありません。

and_014
収納もたっぷり作ったランドリーです。もとの増築部分を多少小さくして増築しなおしました。1坪半の洗面所ですので空間に余裕があり、衣類の脱ぎ着の広々です。冬の寒さを解消するために、内装は断熱塗料ガイナでしあげました。またガスコックも設置してあって暖かくお使いいただけます。

and_015
他の部屋とは全く異なる空間はこのお風呂です。LIXILのキレイユを使用しました。明るいグリーンの浴室は北側にもってこいの配色です。断熱はもちろんフルスペック。窓には可動ルーバー格子がついていて目線をさえぎる事ができます。

and_016
新しく増築部分を作り直ししました。もとは強引に接続してあったため、シロアリと雨漏りの被害を受けていました。耐震も心配なく、雨も心配ありません。北側にサンルームを設けて農機具などバックヤードとしての機能が果たせるようになっています。

before

DSC01406
屋根を全面的に作り変える事になっていますがご主人様の強い希望でとにかく見た目は現状のままでの作り変えを行います。

DSC01385
雨漏りが心配される複雑な作りの玄関部分もきちんと葺き替えていきます。入母屋と切妻の屋根が混在するので時間がかかる工事となります。

DSC01201
居間として使われていた洋間。以前リフォームして和室から作り変えてあります。今回はダイニングとして使っていきます。

DSC01206
新たに洋間として復活する予定の和室。昔ながらの田の字形の和室の一角ですので将来、和室とつなげても違和感ないようにリフォームです。

DSC01212
北側の縁側。バリアフリーに作り変え、お客様が通る通路としても大丈夫なように床を作り変えていく予定です。断熱工事も行います。

DSC01223
南側の縁側です。この天井、実は屋根の野地が表しで使ってあります・・・。葺き替えてどう仕上げていくか・・・今から頭が一番悩ませられる部分です。

DSC01238
リビングになる応接室です。玄関から10cm以上下がった床を揚げながら天井も上げて部屋として作り直して行きます。

DSC01247
リビングから更に15cm以上下がったダイニングです。天井が低いのは梁がとても低い位置にあるから。これをどうやって間取りに組み入れるかがプランニングの一番の難しい所でした。どうできあがるかお楽しみに!

DSC01252
現在のキッチン。出窓を利用していますが、これを対面に替えていきます。使いやすくなるよう出窓を残しつつリフォームしていきます。出窓は正面より側面にある方が使いやすい!そんな事が伝わるプランになっています。

DSC01290
小さく作り変える予定の増築部分です。強引に増築してあるので雨が入り込んでシロアリの被害が出ている部分

DSC01343
お風呂は増築部分にあります。全面的に壊して新しくユニットバスになります。シロアリの心配もなくなりますね。暖かいお風呂に変身です。

DSC01347
増築部分に作ってあったセカンドキッチン。野菜などを洗ったりしていたのかなーと思いますが、床のコンクリートが沈んでしまっているので立っているのも大変な状態でした。

施工の流れ

DSC02482

増築部分の建て方が完了しました。母屋の下屋根と大屋根の間に納まっているかのように見えるよう、高さを少し気にかけて作ってあります。なんとなく、一体感が出てくるはずです。

DSC02484

増築部分には、設備関係ではトップバッターとなるユニットバスが組みあがります。先に配管関係はすべて施工します。増築部分の作りは新築と同じ。リフォームよりすべてにおいて施工が楽です。この感覚久しぶり・・・。

DSC02485

今回、母屋とのバランスを取るためにと雨の流れをシンプルにするために片流れを採用しました。天井懐は最小限にして、バランスが綺麗に取れるように作っています。

DSC02486

設計段階で一番苦戦したのが、今回の増築部分と母屋の接続部分の屋根納まり。下屋根の高さが低いうえに、構造を別にして、かつ、雨が漏らないように・・・と考えながら細心の注意を払って設計してあります。この部分は完全独立ですので地震が来ても母屋と増築部分それぞれが別の動きをして崩壊をしないようにしてあります。

DSC02537

増築部分の防水シートの施工が完成しました。勝手口や窓もついてトタンの下地となる胴縁と呼ばれる横桟も取り付け完了です。もうじき外壁を貼りだすと、家らしく見えてくるので楽しみです。

DSC02538

屋根の葺き替え工事はいよいよ大屋根部分い入りました。瓦を上に上げきっての作業となります。正面からの頼りない感じの見え方がするのも、あと少しの事となりそうです。

DSC02542

床下に断熱材を入れ終わり、下地の合板も貼り上がりました。足元がしっかりしたのでいよいよ壁や天井の下地を組んでいきます。この写真は完成するとキッチンからリビングを見たところになってきます。どう変わるか・・・楽しみです。

DSC02540

トイレやキッチン部分の給排水工事も完了です。この形が見えてくると、リフォーム工事も進んだ感じがします。ちょこっと出ている配管に足元を取られたりしないように気を付けて大工さんが工事を進めてくれます。

DSC02586

大屋根の瓦も順調に葺き上がり始めました。大屋根の瓦工事が進むとどっしりとした重量感がでてきて見ていても満足感が出てきますね。

DSC02587

正面からみたところです。いぶし瓦の重厚感がたまらない1枚です。この瓦をご選択いただいた旦那様もご満足いただけているようで一安心です。

DSC02585

内部の工事は大工さんが順調に天井の下地を組み上げてくれています。古民家らしい低めの梁の上へ高めの天井を作っていきます。屋根の垂木のスタート部分は低めに作られているので自然と天井は折り上げ天井となります。

DSC02588

増築部分のユニットバス設置場所です。外壁の防水も完了し、いよいよユニットバスの設置を待つばかりです。メーカーの下見中の写真ですが、給排水のチェックもOKいただきました。

DSC02613

増築部分の接続場所の防水屋根工事がスタートしました。下地処理をしたので色があめ色に変わっています。雨が落ちるドレイン廻りも開口が終わっています。防水は必ず立ち上げ部分から上の笠木が付くところまで行います。ここまで処理しないと水が入って雨漏りの原因となるからです。

DSC02614

屋根の鬼瓦が設置できました。棟を積む前に鬼瓦を決めていきます。こうやってぽつんと乗ってる鬼瓦を見る機会も無くて思わず写真を取ってしまいました。棟瓦は瓦屋さんがデザインして積んでくれる予定ですので楽しみです。

DSC02635

天井の下地組が完成したので、次は壁の下地を組んでいきます。この段階だと現場はどこを見ても桟ばかり・・・。お客様には全然できあがりがイメージできない状態です。でも!!私の頭には完成の姿が見えるようになります。

DSC02636

新しく扉の入り口を変えてダイニング等の収納スペースになる階段下です。階段下の収納は使い道や入れる物によって造作で作り方を考えないと、おもわぬ使えぬ収納になることがあります。よーく、よーく頭を使います!

DSC02646

ようやく着工から一か月半でユニットバスの施工が完了しました。今回もLIXILのキレイユを付けてありますが、とても可愛らしいアクセントパネルを選んでいただいています。

DSC02645

ユニットバスが組みあがると洗面所側の壁の下地を起こしていきます。この時点ではまだ、お風呂と洗面所はくっついていません。この後付ける入口の三方木枠で接続完了です。

DSC02647

洗面所とお風呂は増築なので断熱材でグラスウールを入れてあります。が!もちろん本番の断熱は日進産業のガイナでの内装仕上げなのは言うまでありません。ダブル断熱となります。

DSC02648

母屋の方の壁の下地造作もちゃくちゃくと進みます。このあたりはあまり進み具合が分かりにく場所ではありますが、建具や取りつく部材の事を考えつつ下地を作ります。

DSC02650

玄関周りの屋根の葺き替えが完成です!元の瓦とそっくり同じ感じに仕上げてありますが・・・

DSC02652

こんな感じに棟瓦の積み方を変えてさらにデザイン性UP。瓦屋さんのセンスにおまかせする私でも手が出せないエリアです。ご主人様に大絶賛していただいて家紋の瓦の追加までいただいてしまいました。ありがとうございます!

DSC02667

床のフローリング工事がスタートしました。

DSC02668

既設の床に無垢が使ってあるので、もちろんリフォーム場所も無垢のオークを貼らせていただいています。古民家にはオークや竹の炭色がとても良く合いますね。

DSC02670

屋根の瓦葺き替え工事がほぼ最終段階に入ってくると、鬼瓦につけなくてもいいかなーと言われていた家紋を付けたくなってしまったA様のご主人様。「あんまりにもいい感じだから・・・」と嬉しい一言がきっかけで急遽取り付ける事が決定。仏壇の家紋を写真撮影して製作してもらいます。

DSC02682

玄関脇の谷樋になる部分の板金工事が完成しました。リフォーム前には雨が漏れないようにいろんな物が差し込まれていた部分ですが。板金にてきっちり谷樋を作りましたのでこれで安心ですね。

DSC02683

内部リフォームはフローリングを貼る工事に突入しました。この写真は洗面所です。竹の無垢フローリングは濃い炭色をお選びいただいています。艶があって綺麗ですね。

DSC02691

同じく洋間も炭色の無垢フローリングを張り上げていきます。この部屋は洋間と言えども、襖や障子が残るので和風に仕上げていく予定です。

DSC02745

洗面所の床ができたところで壁の中に埋め込むナチュラルで良く見かける洗濯機用洗剤置きBOXを造作してもらいました。小さく見えますが、結構置けて好評をもらっています。

DSC02746

壁の造作を前に内部建具の枠も取り付けていきます。今回広い洗面所にはお風呂上りの衣類をいれたり、ストック洗剤等を入れてもらう収納をおつくりました。

DSC02756

増築部分の壁の下地ができあがると、いよいよ母屋の方に取り掛かります。塗装屋さんが時間を見つけて木部の塗装に来てくれているので、なんとなく仕上がりのイメージができ始めています。古民家らしい色合いに仕上がる予定です。

DSC02762

今回、意外にも梁の位置によって見た目がおもしり場所はトイレだったりします。こんな感じで梁が角材と丸太で2本みえてくるようになりました。こうゆう想定外の出来上がりにわくわくできるのはリフォームのいいところですね。

DSC02767

増築側の外壁工事も完成しました。既設の色にできるだけ合わせるように気を使ってありますが、やっぱり色は若干違いますね。道路側から見て違和感が出ないように作り上げてあります。

DSC02772

増築と既設の母屋の屋根の取り合い部分も完成です。あとは笠木を2重で板金納して完了。雨の心配がこれでなくなりました。リフォーム前はこの部分で雨漏りしていたので一安心です。

DSC02771

増築部分の屋根はフッ素コーティングされた板金で作りました。母屋のイメージを崩してしまわないように勾配も気を付けて作ってあります。ちょっとしたこだわりで、私の自己満足の世界にはなってきますが、細かい所まで気を使って作る事だけはしたいです!

DSC02779

いよいよ内部では最後の壁工事となる対面キッチン廻りの造作がスタートしました。これが出来上がると仕上げ工事に入っていくことができます。

DSC02780

壁の下地を仕上げる前に、キッチンカウンターを取り付けてもらいました。今回カウンターの形はちょっと変わっています。まだ全貌がお見せできませんが、厚さが30mmの集成材を使って作り上げています。綺麗な木目で塗装するのがもったいないくらいですね。

DSC02781

壁を作るのと前後して建具も組みあがっていきます。正面に見えるのがキッチンから洗面所へ行くところの建具です。ご主人様に選んでいただいたステンドグラスの引戸が入りました。

DSC02783

廊下廻りも建具が入るとそれらしく見えてきます。表しとなった梁の一部がいい感じでアクセントになってくれています。古民家の面白さが出せてよかったです。

DSC02790

和室を和洋折衷の洋間にリフォームさせていただいた部屋も壁の下地が出来上がりました。襖や障子が見えていてもおかしくならないように木部を上手に使って仕上げています。

DSC02791

外部では雑排水の配管の排水先を真逆に変える事になったのでお庭を掘り返して配管工事の真っ最中。重機は使えませんので手堀り・・・。お疲れ様です。

DSC02785

前回まで真っ白だった増築部分の軒天も私の好みの濃い茶色で塗装完了です。白が一般的ですが、私はハウスメーカー上がりという事もあって濃いめの軒天が自分の中で標準・・・。気に入ってくださったA様ご夫婦に感謝です!

DSC02795

トイレの内装仕上げになる断熱遮熱塗料ガイナの施工が完了しました。下地の色が見えなくなったのと、ガイナ自体のセラミックビーズが光を乱反射させるため、とても明るく仕上がります。

DSC02796

洗面所も綺麗にガイナの塗装が終わりました。あとは設備の備品を付けていけば完成です。一歩ずつ少しずつですが完工へ進んで行ってます!

DSC02794

LDKではクロスの下地処理が進んでいます。クロスを貼り始めると部屋の雰囲気も一辺しますのでお楽しみに!

DSC02802

水道工事に続いてガスの外部配管も完成しました。あとはガスメーターを付けたら全てのガスコック関係の器具付けとガス給湯器の取付のみです。

DSC02805

システムキッチンの組立も並行して進みました。今回はカップボードでまさかの苦戦。解体後に出てきた丸太とカップボードの扉がぶつかる位置にある事が分かり急遽オーダーにて折戸へ扉を作り変えてもらう段取りをしました。リフォームの怖い所で腕の見せ所ですね。

DSC02803

キッチン本体も施工完了です。今回はLIXILのアレスタを初設置です。アミイの改良番ですので、見慣れた商品ですね。収納力とデザイン力が強みの商品です。A様の奥様のイメージで私がご提案させていただきました!

DSC02806

設備の工事が完了したのでいよいよ最後の内装工事に入ります。今回居室はクロス貼りの仕上げとなっているので、下地処理からスタートです。時間をかけて丁寧にパテ処理を行います。

DSC02811

ようやくガス工事の完了です。給湯器が付けばほっと一安心です。今回はガスコンロ、ガス給湯器、ガスファンヒーターであったかトクトクパックにご加入いただく予定です。

失敗しない古民家再生の秘訣

担当者の声

担当:中島、渡辺

A様ご夫婦に初めてお会いしたのは昨年の初夏。
ホームページをご覧いただいてお問い合わせをくださったのがご縁です。
ご主人様の実家を住み継がれ、ご自身の家を娘様ご夫婦に譲り渡すためのリフォームをご希望いただきました。
築60年のご自宅の和室の部分はできるだけ今のままで、劣化が激しい水回りを主体にリフォームをご検討しましたが途中、増築をするかしないかで迷われてプランが何度も変更になった事が一番強い思い出です。
他社からも同時に提案を受けていらしたのですが現行の法律にそぐわぬ形である事から
リフォームの方向性を変えることまでしていただきました。

調査の段階で、小屋裏から空が見えることも判明し、瓦の葺き替えも工事の範囲に含まれることに。
最初の予算とはかけ離れたリフォームとなる異例の事態でしたが、工事を年内完工希望であったため
提案から見積もりだし、そして家の中の片付けまで、とにかく準備期間が無い中でA様のご協力を
思い切りいただきながら進めたことも、今では楽しい思い出です。

工事が始まると思わぬところから梁が出てきたりして、古民家らしく現場であれもこれも変えていく事も経験させていただきました。
当初設計から外れないように、費用の追加負担をしていただかないように工夫と努力を学びました。
レトロな喫茶店を思わせるリフォームに仕上がっています。
対面カウンターを夢に見られた奥様が、工事後お邪魔した時に、娘様ご夫婦にそこでカウンターで食事をふるまわれている姿をみて、希望を形にできて良かったと感じました。

古民家はお客様の思い一つで残すことができます。
その思いのお手伝いができて本当に嬉しかったです。

今後ともメンテナンスでお役にたてるよう頑張ります!!
よろしくお願いします!ありがとうございました。
「リフォームしたらどんな感じになるんだろう?」「リフォーム工事ってどうやって進むのかな?」施工事例を見てみよう!
ナチュラルステージが頑張れるもとは、お客様からの言葉です!お客様からいただいたお手紙

お客様からよく頂くご質問

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る
建築家ブログを見る

チラシでおなじみナチュラルステージのリフォームイベントの最新情報はこちら

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

イベントの最新情報を見る

契約前に聞いてみよう!リフォームのセカンドオピニオン

女性一級建築士にリフォームの相談をしよう

リフォームこそ一級建築士にお任せください

中古住宅の購入をご検討中の方へ

現場日記

RSS表示パーツ

採用案内

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました!Reform2に掲載されました!

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

男・ブログ

RSS表示パーツ

OBの皆様へ

施工事例

お客様の声

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

イベント相談階にお気軽にお越しください

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

一級建築士 免許証

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

一級建築士免許証

一級建築士事務所登録証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ