リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

古民家再生 長く安心して暮らす為に忘れずにリフォームして欲しい(外壁・シロアリ編)
舘本

前のページでは、屋根瓦の葺き替えのお話しをさせていただきましたが
お客様の中で、いよいよ
「これは、大掛かりになりそうだ・・・」という気持ちが
芽生えてきているのではないでしょうか?


そうなんです。
家を住み継ぐという行為は、とても大変なことです。

3代目にも住み継いで欲しい場合や
2代目の方が最後まで住み切ると
古民家住宅は「100年住宅」になるのです。100年住宅は今や国の最先端事業です。
それを昭和初期の建物で、先取りでお客様はやろうとされているのです。
心から尊敬します。
そのお手伝いをさせていただく時はいつも身が引き締まる思いで工事させていただいています。

さて、少し前置きが熱くなってしまいましたが
このページでは、「長く安心して暮らす為」のステップ2として外壁について触れさせていただきたいと思います。

まずは、古民家の外壁と言えば・・・

外壁現況1

塗り壁やトタン貼りと言った物が一般的です。

外壁現況2

家を支える土台や柱も、外部に露出した状態になっています。

外壁現況3

立派な梁や差し鴨居も見える場合が多いです。
調査の時にはこの見える状態が何よりの情報となり助かるのも事実です。

トタンは錆が来なければ、塗装でまた20年ほど耐久年数を伸ばすことは可能です。

ただ、古民家住宅は耐震工事をさせていただいただいています。
耐震を国が定める、一度目の大きな地震で家屋が倒壊しないよう補強していくと
必ず、基礎と柱や土台、筋交いといった構造の木材を金物で固定する必要が出てきます。

その金物を部屋内側からすべて取り付ける事ができればよいのですが

外壁	耐震金物1

筋交いが付いている場所によっては、
外壁部分の土壁を最小限で削り落として
金物を付ける必要があります。

金物をつけ終わった後は左官屋さんに

外壁	耐震金物2

土壁を補修してもらいます。
土壁も大事な耐震面材だからです。

金物をどの部分に付けることができるかは基本的に壁を壊してみないと分からないので
調査の段階で外壁に手を加えなくても金物が取り付ける事ができるかどうかは
判断することはできませんし
外壁に手を加えずに金物をすべてつけることは、ほぼ不可能と考えています。

そのため、基本的には、外壁の塗り壁部分の補修が必ず出る為
古民家リフォームの場合、塗り壁部分を残すかどうかはお客様がお選びいただくとして

必ず、外壁工事をしなくてはいけないのです。
どうせ、外壁工事をするのであれば、この先外壁のメンテナンスで費用が掛かってこないように
今回少し多めに予算を取っていただいて

外壁トタン1

新築同様、防水シートを外壁にきちんと貼り

外壁トタン2

トタンを全面貼り替えさせていただいています。

土台や柱を今のままで見せる塗り壁の納まりをそのまま継続することは可能ですが
一旦耐震で塗り壁の部分を削り落としてしまっていると、いくら左官工事で復旧しても
部分的に割れがでてきたりしてしまうので、基本的にはトタンで覆うような形で
施工させていただく事が多いです。

ただ、玄関前など部分的に意匠的を優先して今のスタイルを残したい場合は
費用は掛かるかもしれませんが取り付ける金物や納め方を工夫して塗り壁を触らなくてもいいように耐震工事をすることも可能ですのでご相談ください。

次に外壁の工事と合わせて考えていただきたいのがシロアリシロアリの薬剤散布です。

例え低いものであっても基礎がある古民家の場合

シロアリ1

このように南面には基礎を下げて土台物低くし
サッシを支える横材との間に換気面戸がついています。

シロアリ2

その為
ちょっと前に良く見られた基礎の換気口に比べて
横幅が広く通気が十分確保されています。

シロアリ3

また建物の内部は
このように、基礎が少ないのが古民家の特徴です。
基礎下に入った風の通りをさえぎることが無く
水回りを除いた部分においてはシロアリの発生は
あまり見られません。

また、古民家のいい点で、使いにくい点でもあるのですが
昔ながらのタイルで覆い作られていてシロアリの発生が懸念される
お風呂、トイレがメインの建物から分離して別棟で建てられていることが多いです。

その為に、リフォームでは新しく建物内にトイレやお風呂を入れ込む必要があるのですが
代わりにシロアリに食べられている心配は少いのです。

古民家では、今では手に入れることが困難な、高価な木材を惜しげもなく大きな寸法で
使ってあります。
また、建てるときには時間をかけ大工さんがプライドをかけて作ります。
古い家屋でも、雨漏りとシロアリの被害に遭遇していなければ
リフォームして住んでいくことは難しくないと考えます。

リフォームに際して、一度きちんとシロアリの薬剤を散布していただければ
この後も安心してお使いいただけますので必ずシロアリの薬剤散布は工事に含めるようにしてください。

ここで、少し残念なお話もしたいと思います。

現在建っている古民家。
中には、基礎を作らずに玉石の上に土台を載せただけで家を作ってある場合があります。
数としては、今まで古民家として見に伺った中で半分くらいありましたので、
半々くらいなのかと思うのですが
この場合、過去の調査経験上
家を支える土台がシロアリに浸食されていなかった物を見たことがありません。

土台

土台とは、柱を受けている、一番下の横材の事です。
つまり一番力がかかっている構造材です。

玉石の上に立つ古民家でも、土台にシロアリの被害さえなければ費用は掛かりますが
耐震工事も可能ですし、住むことはできると思います。
またシロアリの被害も柱であれば添え柱や継ぎ柱を行って補強できます。

しかし、土台がシロアリに浸食されてしまっている場合
一旦家を何かで持ち上げないと土台を交換する事はできません。

食べられている土台の部分がほんの少しであればいいのですが
地面にほどんど面してしまっている土台の下部はシロアリが通るには日も当たらず格好の通路となります。

そのため、部分的な浸食は少なく、広範囲で面で浸食されてしまっている事が多いです。
更に土台を経由して柱まで浸食が進んでいるケースも良くあります。

土台2

またシロアリに浸食されていなくても
地面からの湿気により土台が
写真のように朽腐している場合もあります。

玉石基礎の古民家の場合は、リフォームできない場合もありますので
自分で判断されず、私たちのような、古民家が得意なリフォーム会社に調査をご依頼いただければと思います。

少し厳しいお話もさせていただきましたが
この先の事も長い目で考えられた時に必ず手を加えてほしい外壁とシロアリ工事についてのご説明となります。
費用に応じて、造りに応じて
いろいろご提案もできますので、「こうじゃないと!」といったこだわりも、
お打合せの時には是非聞かせていただけたらと思います。

これを読めばすべてがわかる古民家再生
我が家は古民家?普通の住宅? 長く安心して暮らす為に忘れずにリフォームして欲しい!~屋根編~ 長く安心して暮らす為に忘れずにリフォームして欲しい!~外壁・シロアリ編~
長く安心して暮らす為に一番忘れがちな工事はこれ!~設備編~ 長く安心して暮らす為に忘れずにリフォームして欲しい!~耐震編~ 長く快適に暮らす為にこんな事をリフォームしたいですね!~冬の寒さ対策~
長く快適に暮らす為にこんな事をリフォームしたいですね!~バリアフリー対策~ 古民家リフォーム成功のカギは調査にあり! どう進む?古民家リフォーム着工までの流れ

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

間取りを自由に変えられる 超DIY住宅 SETTE

ナチュラルステージ代表ブログ

ナチュラルステージ スタッフ ブログ

ナチュラルステージ チャンネル

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

施工事例

お客様の声

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

失敗しないリフォームアドバイス

スタッフ紹介ページを見る

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました! Reform2に掲載されました!

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

OBの皆様へ

採用案内

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

建築業許可証

建築業許可証

宅建取引業者票

宅建取引業者票

JIO(日本住宅保証検査機構)

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

住宅あんしん事業者登録

住宅あんしん事業者登録

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

建設業登録
愛知県知事(般-28)第60922号

このページのTOPへ