リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

ステップ1 マンションリフォームで無垢フローリングって可能でしょうか?

一級建築士渡辺・西村「マンションの防音仕様がある所にも無垢フローリングは使えるの?」
ネット上でも、お客様からも最近良くこんな声を頂くようになりました。

結論から先に・・・
「ハイ、もちろんです!!」

防音規定をきちんとクリアーする専用の施工方法があります。
規定が一番厳しいL-40にも対応していますので、施工できないマンションはありません。

ナチュラルステージでは、日常的に施工しておりますのでご安心して相談して頂ければと思います。

「高くなってしまうよねえ・・・」といった声が聞こえてきそうですが実は値段は変わらないんですよ。

今まで、無垢の防音床と合板のカラーフロアーで何度もお見積もりしていますが
金額に大きな差が出た事は一度もありませんのでご安心いただければと思います。

なぜ差が出ないか・・・
それは合板のカラーフロアーの防音仕様の商品がとても高価だからです。

同じ値段であれば、ご家族に

上記のような方がいらしたり、考え方にご賛同頂けるお客様には次からのステップを
ご覧いただければ幸いです。

冷静に判断する材料の一つと捉えて頂ければ幸いです。

ステップ2 無垢フローリング施工の防音構造について知ろう

どうやって防音規定を満たして無垢フローリングを貼っていくのか?について
お話していきたいと思います。

よくある合板のカラーフロアーだとどんなものが使われるているのでしょうか?

写真が合板のカラーフロアーの実物です。
木目のシートや薄い本物の木の下には合板が層を作っています。
音を直下に伝えないために、合板が人や物の音を受け止めやすいように合板自体に溝加工を施しています。

さらに一番下の層には薄いクッション材が付いています。
これで音を吸収できるような仕組みになっています。

永い年月この材料を使用していくと・・・

写真のように薄いクッション材は完全に潰れてしまっていて 本当に防音材として効果が出ているか分からないような状態になってしまいます。

さらに一番下の層には薄いクッション材が付いています。
これで音を吸収できるような仕組みになっています。

写真の現場も施工前に歩いてみると、まったく柔らかい感じがせず 「本当に防音フローリングがつかってあるのかなあ??」そんな感じを 私だけでなく、施工する大工さんも受けてしまいました。

無垢フローリングに防音マットを貼る場合は?

実際にナチュラルステージが施工する場合の防音マットは写真に素材になります。裏面をご覧頂いているのですが、カラフルな部分がかなり硬い防音素材。
白く見える部分がカラーフロアーなどに貼ってあるような柔らかな防音素材になります。

主に、硬い部分の素材が人や物の重みを受けてくれます。

写真は断面をアップで撮ったものです。
防音素材が一番下の層になります。

真ん中の層はパーチクルボードとなっていて、
この部分が無垢フローリングの固定場所となります。
さらに一番上の層には重みや衝撃を受け止める厚めのゴム素材が貼り付けられています。

この3層構造がそれぞれの役割をしっかり果たすことで、規定通りの効果を発揮していきます。


壁際に防音マットを施工する場合や、部屋の大きさに切り取って施工する場合には、
最初に見ていただいたカラフルな色の硬い防音素材を現場で直接貼ることで、歩いた時のフワフワ感を無くす工夫をしていきます。

(1)最初に、大工さんによって
白色の柔らかい防音素材を
切り取りします。

(2)写真のような単体の高い防音素材を用意します。
素材の裏側には専用の接着剤が付いていて貼りつけることができるようになっています。

(3)所定の場所にはりつけて、現場加工の防音マットの出来上がりです。
あとは、これを直接コンクリート面に取り付けを行っていきます。

(4)初めにコンクリート面に固定用のボンドを塗っていきます。

(5)一番上の層のゴムの部分を
隣り合う防音マットに重なるように設置します。


(6)最後に重なり部分のゴムの上からタッカーで止めて出来上がりです。

(7)完成。
全部貼りあがると、まるでグレーの絨毯を敷き詰めたような感じに仕上がります。

一級建築士渡辺

上記が実際の施工現場の写真です。

防音マット自体に厚みがあるため、長くご使用頂いても、
効果が無くなってしまったりすることは
考えにくいですので、安心してお使いいただけたらと思います。

ステップ③防音仕様について

ステップ2で、防音仕様に付いてご理解いただけたでしょうか?
ステップ3では、防音仕様にするためにどうしてもお願いしなくてはいけない事について
お話していきたいと思います。

一番最初に知って頂きたい事は、無垢フローリングの厚みに規定があると言う事です。
ステップ1でご説明させていただいたマットを使用して、さらにフローリングを15mmの材料を
使用して、初めて規定の防音性能を発揮する事ができるのです。

もちろん無垢材の素材自体には規制がありませんのでご安心ください。
ナラ、カバ、パイン、杉など、ナチュラルステージでお勧めしているような素材は全て大丈夫です。
お値段も、実は加工が難しい12mmの無垢材に比べて 、
お値打ちにご提供させていただく事が可能です。

無垢材の素材自体については別ページにさらに詳しくご説明させて頂いておりますので
是非ご覧いただければと思います。

自然素材について詳しく知りたい方はこちらから

フローリングの厚みの問題

次に知って頂きたい事は、床が37mm上がってしまうと言う事です。

実はこちらの防音マット、性能をきちんと維持するために
厚みが22mmあります。さらにこの上には先ほどお話したとおり15mmの無垢フローリングが乗ってきます。
合計37mmコンクリート面から上がってくる事になります。

現在、防音仕様のカラーフロアーが貼ってあるお宅では今の床の高さより23mm上がる事になりますし
カーペットのお宅の場合は今より22mm程度上がる事になります。

その為に、床を貼る工事以外にもいろいろ工事がセットで必要となります。
多くのお客様の所で、実際に行ってきた工事についてご説明したいと思います。

1.玄関の上がり框を新しくする工事

写真のようにリフォーム用のL型の框をご用意させていただきます。
床の高さの上がり具合に応じて、今の玄関框に高さ調整を行った上でリフォーム框を取り付けていきます。

もちろん、以前使用していた敷居やレールは一度取り外して
新しい無垢材の床に再度取り付けさせていただきますので
費用も過度に高くなる事はありません。

2.ドアや引戸の高さ調整する工事

古いマンションであればドアなどの下に敷居がある場合もありますが
残念ながらそれが20mm以上ある場合はほとんどありません。
その為、部屋の入口のドアや引戸は全て本体の下の部分を切る必要があります。

工事の一番最初に全部のドア、引戸、
そしてクローゼットの折戸を外していきます。
建具屋さんの工場へ持っていき、
所定の高さになるまで切っていきます。
ドアの下には、芯材が入っているので
切ってしまっても問題ありません。
まれに芯が小さくて無くなってしまう場合は、
新しく芯材を入れ込む作業も行います。

もちろん、以前使用していた敷居やレールは一度取り外して
新しい無垢材の床に再度取り付けさせていただきますので
費用も過度に高くなる事はありません。

どうしても使うことができない部位について

最後が一番説明が辛い所なのですが
この防音マットは素材が柔らかい為、トイレにだけは使用する事ができないと言う事です。

洗面台、キッチンなどの四角形の物は、少し低くはなりますが取り外しをせずに廻りの床だけを上げる事ができるためキッチン、洗面所を無垢フローリングに貼り替える事はできます。

しかし、便器は形が楕円形である事と排水の高さの関係で、どうしてマットを加工するなどの方法では
対応する事ができません。

ナチュラルステージのお勧めしているマンションの無垢フローリングでの施工の
1番の欠点が、トイレに段差が今よりもできるという事です。
単純に30mm近い段差ができてしまいます。

もちろん、段差解消の見切りなどを使用して、
使い勝手に支障が出るような事が無いように施工はさせて頂いています。
今までに、特に問題が出た事はありませんがお客様が今、
無垢フローリングをご検討されていらっしゃるようであれば、
頭の片隅に入れておいて頂ければと思います。

 

最後に、無垢フローリングを選択する際にあたって、
お手入れに付いて不安が残られるお客様には別ページでお手入れの仕方について
ご説明させて頂いてますので一度ご覧いただければと思います。

なかなか施工している会社が少ないマンションの防音規定を
クリアーできる無垢フローリングの床仕様ですが多少なりとも、ご理解いただけたでしょうか?
お問い合わせ頂ければ防音マットのサンプルもご覧いただく事が可能です。

お気軽にお問い合わせくださいね。

マンションリフォームの施工事例

岩倉市

費用 250万
(工期:3週間)
秋には次のリフォームをお願いしたいなぁって思ってるからね
>>詳しくはこちら

岩倉市

費用 600万
(工期:2ヶ月)
住みながらのリフォームは辛いと聞いていたけれどキャンプみたいで楽しかった!
>>詳しくはこちら

北名古屋市

費用 400万
(工期:1ヶ月)
マンションなのに戸建住宅のような木の匂いに囲まれて暮らせるとは思いませんでした!
>>詳しくはこちら

マンションリフォームの施工事例をもっと見る


無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

イベントの最新情報を見る

契約前に聞いてみよう!リフォームのセカンドオピニオン

女性一級建築士にリフォームの相談をしよう

リフォームこそ一級建築士にお任せください

中古住宅の購入をご検討中の方へ

現場日記

RSS表示パーツ

採用案内

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました!Reform2に掲載されました!

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

男・ブログ

RSS表示パーツ

OBの皆様へ

施工事例

お客様の声

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

イベント相談階にお気軽にお越しください

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

一級建築士 免許証

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

一級建築士免許証

一級建築士事務所登録証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ