リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

リフォームこそ女性一級建築士にお任せください!

こんにちは!!
ナチュラルステージで設計を担当している桑山です。
私たちはリフォームを検討している全てのお客様に、
ぜひ設計相談を建築士にご相談してほしいと思っています。

なぜならば、新築と異なり、リフォームは幅広い正確な知識を要します。
そのため有資格者である建築士が設計する必要であることを知ってほしいです。

このページでは私が、「一級建築士」と「リフォームアドバイザー」や
「リフォームコーディネーター」の違いについてお話します。

新築の時にはあんなに当たり前に建築士と設計相談されていらしたお客様も
なぜが、リフォームになったとたん、私たち建築士がお打ち合わせにお邪魔すると
「建築士さんが来てくれた!!」と喜ばれたり驚かれたりすることがよくあります。

リフォームも新築も、住宅の工事をするのに、なぜリフォームでは建築士がいなくても
工事ができるのか、まずは、リフォームと新築の"設計事情"についてお話します。

「建築士が設計をしないリフォームは、素人が設計した図面で家を建てるのと同じ」くらい危険な事です

新築の時には、建築士が自分の資格の範囲内で責任を持って設計を行い、
その後公的機関で審査を受けてしか家を建てることはできません。
1級、2級によって、設計できる建物も異なってきます。

ところが、リフォームになると一定の場所や一定の規模以上の増築など特異な場合を除いて
公的機関の審査は必要ありません。
もちろん「現行の建築の法令違反をしないように・・・」との良識が当然もとめられているのですが、
有資格者である、1級・2級建築士でしか設計することができなかった新築に比べて
リフォームになったとたん「誰でも」できるものに変わってしまうのです。

  新築 リフォーム
プラン作成 必須 必須
設計図 必須 提出義務なし
設計審査 役所で審査あり。「確認済証発行」 公的審査なし
建築基準法について 公的審査あり 公的審査なし
責任者 一級建築士 プランナー、アドバイザー(無資格)
一級建築士は、建築基準法、構造や耐震設計などの建築をきちんとを考えて設計するが、リフォームの場合、プランナーやアドバイザーと呼ばれる人たちは、建築士の資格がなく、経験によるプラン作成となる。

リフォームは誰でも好きにできるため、建築士のような国家資格を持たない「無資格者」が、
自由に「経験」だけで間取りやリフォーム内容を決めて工事をすることができます。

「プランナー」「コーディネーター」「アドバイザー」このような呼び方をしている人のほとんどが、
資格を持った建築士ではありません。

新築の時にどれだけ丈夫に、そして法律を守ってきちんと建てても、
リフォームでそれを覆してしまうような可能性が十分にあるのです。

でも、「家」が「そこに住む人の生命及び財産を守るもの」であることにはなんら変わりはない・・・。
だから、リフォームにも新築同様に、一級建築士の設計が必要である。と私たちは確信しています。

お客様からみれば、「アドバイザー」や「プランナー」は当然、資格を持って知識と経験がある人という前提で
工事を任せているはずです。
まさか、国に認められた資格がない普通の人に任せているなんて思っていないと思います。

その、間違った常識が、リフォームの業界に蔓延していることは悲しい事です。
私達プロの建築士達は、無資格の人たちに「命」と「財産」を守る家が
勝手に変えられてしまうことは、本当に悲しい事だと思っています。

「リフォームのお打ち合わせに"建築士"が同席することは当たり前のこと」

「建築士がプランをしないリフォームは、
素人が設計した図面で新築の家を建てるのと同じくらい危険な事」
そう認識しなおしていただきたいと思います。

  • お客様インタビュー
  • 施工事例

建築士が入らないリフォームで起きがちなトラブルとは?

トラブル1:構造計算ができない!?ドアが開きにくくなったり、床が傾く。

「木造」「鉄骨」「コンクリート造」・・・家にはいろんな構造が使われています。
どの建物も、きちんと「構造計算」をして新築されています。
「構造計算」は簡単に言えば、地震の時にご家族の命を守ることができる家であることを
約束した証です。

ところが、リフォームで、この構造計算ができないプランナーやアドバイザーが
大事な柱や壁をとるようなプランを提案していまうことがあるのです。
構造計算の大切さを知らず、使い勝手優先にしてしまうために起こる問題です。

もちろん、きちんと補強をしてあげれば柱や壁の移動はある程度可能です。
ただし構造計算ができず補強すべき場所や、補強の方法がわからずに、
家を支えている柱や壁をむやみになくすと
地震が来なくても、ドアが開きにくくなったり、床が傾いたりと
生活に支障が出ることもあるのです。

トラブル2:ハウスメーカーの掟知らず!?せっかくのハウスメーカーのお家が・・・

世の中には、ハウスメーカーの住宅があふれています。
ハウスメーカーの構造は、国土交通省の認定を受けた特別なものとなっています。
一般の構造計算が適応されず各ハウスメーカーオリジナルの門外不出の計算式で計算し、
国に特別に認めてもらっているのです。
そのため、私達建築士の中では「とにかく触ってはいけない構造」と認識されています。

ところが、知らずにか、知ってても軽く見るアドバイザーやプランナーが
勝手に柱や構造の壁を抜いてしまうことがあるのです。
中にはユニットバスの交換ですらできないハウスメーカーがあるにもかかわらず、
「できますよ~」などと言って工事してしまう場合もあって、驚くことがしばしばです。

そんな無茶なリフォームをして、地震に強いハウスメーカーの良いところを崩されてしまっては
お客様にとっては一大事です。
ハウスメーカーでも、構造さえ触らないリフォームの場合は、リフォーム業者に依頼してもOKです。
でも、構造にかかわるようなリフォームはハウスメーカーにご相談くださいね。

トラブル3:外壁材の種類による特徴をしらない!?窓からの雨漏りの危険!

鉄骨やコンクリート造で建てられているお家も多く見られます。
その場合、外壁の仕上げがコンクリートそのままだったり、
ALCと呼ばれる厚めの素材が貼ってあることがよくあります。

そのようなお宅で太陽の光が入らないことで後から窓をつけたいと
いわれるお客様もいらっしゃいます。

「窓をつけるだけだから・・・」と安易に考えられるアドバイザーやプランナーがいますが
それはとても危険な要素を含んでいることを見落としている場合があります

実は、窓は屋根やバルコニーと同じくらい
漏水(雨漏り)の危険性を含んでいる部分なのです。
特にコンクリートやALCの外壁はもともと、
後から窓を簡単につけていいような作りにはなっていません。

外壁を切って、窓をつけて室内側を取り付る。
工事の内容を説明すると、こんな簡単な言葉で済んでしまうのですが、
それではいったいどうやって雨の水が入らないようにするのでしょうか?

ほとんどシーリングと呼ばれる、ゴム状の材料を外壁と窓の間に入れて
隙間を埋めるしか方法がありません。
新築の時にはこのシーリングの手前に雨が入らないような仕掛けをすることができるにもかかわらず
実際にはこの仕掛けすら乗り越えて雨漏りが発生しています。

この仕掛けすらできずに後から窓をつけることの危険性をご理解いただけたでしょうか?
専門知識の少ないアドバイザーやプランナーでは、見落としがちな工法や納まりがあることを知ってください。

トラブル4:工法の正しい知識を持っていない!?全面改装の落とし穴・・・

「広々としたリビングが欲しいんだけど・・・柱とれないよねえ」
そういわれるお客様の気持ちはとてもよく分かります。
だからと言って
「大丈夫ですよー。柱を抜いて、鉄骨で下から補強してあげれば!」なんていう提案は絶対ありえません。

もともと、鉄骨と木の組み合わせ構造は認可を取ってある専用の工法です。
構造計算など独自できちんと確立されていて、一介のリフォーム屋さんが手を出せるような簡単なものではありません。
一般の混構造をどうしてもといわれる方は構造に強い設計事務所であれば、
専用の構造計算で構造設計を行ってリフォームすることもできるでしょう。

しかし、一般のリフォームでそこまで構造計算と構造設計に時間と費用を割く方はわずかだと思います。
むしろ、「木と鉄骨、異なる種類の構造を混ぜないように!」といった建築基準法の記述を守るほうが一般的です。

木には鉄骨の梁(横材)を支えるだけの力はありませんし、温度による伸縮や地震による動きも違うので
きちんと構造計算がされていないとそれぞれがバラバラに崩壊してしまいます。

お客様のために「できないことはできない」とはっきりと納得いくまで説明できず
代替え案もご提示できず、なんでもきいてしまうプランナーやアドバイザーが多いのは
間違った常識を持ってしまっているからだと思います。
建築の正しい常識と基礎知識の欠如が生み出す悲劇です。

いかがでしょうか?
今まで私が見てきた中で、多いなあと思った
建築士が入っていないリフォームの危険な事例です。
どれも、家の要となる工法、構造の部分に関わる部分ですね。
結局のところ、一番困るのは誰でしょうか?

それは、お客様です。

「そんな・・・」といったお声が聞こえてきそうですね。
建築の知識がないので頼まれたプロのリフォーム屋さんに、
こんなことをされてしまったら・・・。
悲しいですよね。

そうならないためにも、
制限がある今のお家の中で、一番ベストで、しっかりとリフォームするために
本物のプロである建築士とリフォームしていただきたいのです。

女性一級建築士にリフォームの相談をしよう
  • お客様インタビュー
  • 施工事例
リフォームするなら、建築士に頼んだほうがいいようだけど、具体的にはどんなメリットがあるの?
そうですね。建築士に頼むメリットは、大きく分けて3つありますので、ここでご紹介しますね!

メリット1:常に、構造・工法の知識豊富な建築士が耐震に気を付けながら提案してくれます!

どの壁を壊しても大丈夫か
どの柱を抜いても大丈夫か。
抜いた柱部分の補強が必要か、柱を抜いた後の補強が必要な部分の補強方法の検討

家のバランス上、耐震用の補強壁を追加するべきかどうかの検討
壊す部分でシロアリ、漏水での腐食箇所があるかどうかの予測
腐食箇所が見られそうな場合の補強方法の検討

などなど、構造・工法に関わる部分のご提案を受けることができます。

最初のお打ち合わせの時にお家の図面をご用意いただければ、そこから家の強度レベルや
弱点になりそうな部分のご説明も受けることができます。
市町村の耐震診断を受けることができなくても、自宅の状態が分かれば安心できますよね?
そんなサプライズ的なお話が聞けるのも建築士とリフォームするメリットだと思います。

メリット2:建築士の資格をかけて違法建築を排除しお客様を守ることに努めます。

私達建築士は、建築の法律についても熟知しています。

定期講習が義務付けられ、講習の最後には試験を受けて合格すると
そこから5年また新たに建築士として働くことができます。
最新の法律に常にさらされている状態です。

地震が多い昨今。

木造の耐震や、増築についてはとても規制が厳しくなってきています。
数年前にはできたことが、あっという間に不可能な工事になることがよくあります。

この規制はすべてお客様が安心・安全に住んでいくために厳しくなっていくのです。
まもらなければ、命や財産を守る家が危険にさらされるようになります。
建築士であればこの法改正についていくことができ、お客様の生命、財産を守ることができます。

メリット3:見た目のデザイン性、使い勝手だけでなく断熱、防水など家の基本性能を上げる提案をしてもらえます

見た目やデザイン性はお客様もとても気にしている部分ですので
比較的お打ち合わせのなかでご希望をいただく事ができるので
リフォームに反映させることがしやすい部分です。
しかし、機能の部分はどうでしょうか?

住み慣れてしまっている自宅です。
「こんなもんかな?」そう思ってしまうことが多いのでせっかくリフォームするのに
一緒にできる断熱工事が抜けてしまったり結露対策が置き去りになったり、
見えない部分の防水工事がおざなりでリフォーム後に雨漏りしたり・・・。

そんな、お客様が見落としがちな隠れた家の快適性を妨げる部分についても
ご提案することができるのが建築士です。
防水、断熱などの家やお客様の住環境をリフォームする知識も持っています。
家は、快適で住みやすいことが絶対条件です。

住み慣れたお客様の家にお邪魔した時に感じる「熱さ」「寒さ」「耐久性」への感覚を大切にして
お客様へ快適性の改善案や、耐久性の劣化を食い止める対策案を一緒にご提案させていただきます。
建築士であれば、ただきれいにするだけでなく、
綺麗でワンランク上の快適性の両方を手に入れていただけます。

ただここで、肝心な点を一つ、改めてお話したいと思います。何より大切なことは、打ち合わせを必ず建築士と直接行うことです。
「建築士さんと直接打ち合わせできますか?」この一言が大事ですね!!
住まいでお悩みでしたら、ぜひ、一度、私たちにご相談下さい。
一級建築士とリフォームする5つのメリット

メリット1:女性一級建築士が直接、お打ち合わせに伺います

スタッフ紹介ページを見る

私たちがお客様のご自宅に伺う一級建築士です!

「建築士」といえば、やっぱり男性を思い浮かべてしまいますよね?
しかし、リフォームは女性である奥様がお打ち合わせのメインとなる
少し特殊な世界です。
やっぱり、相談相手は「女性」にかぎります!

できれば、結婚もしていて、子供もいて・・・
同じ主婦という立場の女性建築士であれば
奥様の気持がスムーズに伝わるはずです!!

プラン、デザインのお話から耐震や利便性の改善のアドバイスまで
直接いたしますので奥様はもちろんですが
ご家族の皆さんにも満足度の高いリフォームを提案、ご好評をいただいています。

女性一級建築士とリフォームをしよう

メリット2:丁寧な現地調査を行います

ナチュラルステージの現場調査は長いので有名です。
「そんなところまで図るの!?」そんな言葉をよく聞きます。

柱一本ずつはもちろんの事、窓周りの見切りのサイズやドアの正確な寸法など
リフォームできれいにおさめるために部屋にあるものはすべて図ります。
家具のレイアウトもするので家具の採寸も行いますし
必要であれば床下、小屋裏にも潜って採寸、図面起こしをします。

リフォームはミリ単位をいかにきれいに納めるかで美しさが変わります。
そして、解体後に何かあっても費用負担をお客様にしていただかないので、
調査はしすぎるということがありません。

お時間をいただきますが、ぜひご協力ください。

メリット3:新築の時以上の詳細な図面でもリフォーム打ち合わせ

私たち建築士が入る以上、リフォームの図面がイメージ図や絵では意味がありません。
お客様、職人さんなど誰が見ても今回のリフォームがどんな内容で行われるかが
わかる設計図をご用意します。

見にくいと言われる設計図ですが、
お客様にわかりやすく噛み砕いてご説明しますのでご安心ください。

また、正確な設計図があれば、新しく家具を購入されるお客様にとって
欲しい家具に出会えた時に置きたい場所に入る家具かどうかが一目でわかります。
さらに、工事中の現場でのお打合せもすべて図面に基づいて行うため
大工さんが作ったものがお客様のイメージと違うこともありません。

また、将来、リフォームをまたしたくなっても
前どんな工事がしてあるか一目でわかるので安心です。

メリット4:できるかぎり時間を見つけて、毎日私たち一級建築士が現場に行って監理を行います

現場が図面通りにできていることを確認するのはもちろんの事ですが、
職人さんと、図面では表しにくい細かな取り合いの打ち合わせや、
解体した後によくでてくる、予想外の展開にも素早く方針を決めていきます。

予想外の事態が発生した場合には、もちろん費用は当社負担で対応させていただくのですが
建築士の視点から、対処方法やリフォームの追加工事内容のご説明をできるだけ
早急にお客様にさせていただいています。

さらに、リフォーム中のお客様が抱えてしまいがちなストレスの受け皿になったり
なかなか職人さんには聞きにくい質問や疑問にもお答えさせていただいています。
さらに施工中の写真を撮影し、ブログや施工事例などにアップすることで
現場から離れたところにお住いのお客様にも現場の模様をお伝えすることもしています。

一級建築士の現場日記ブログへ

施工事例へ

メリット5:リフォーム後の末永いお付き合いで、アフターフォローします

どんなリフォームでも、工事が終わって終了、ではありませよね。
新しい生活が始まってみて、気づくこともあります。
そんな時には、気軽にお声がけを頂き、お話をお伺いしています。

また年に2回のメンテナンスハガキをお送りして、
末永いお付き合いをさせて頂いています。

安心のアフターメンテナンスへ

  • リフォームの流れについて
  • 安心のアフターメンテナンスについて
  • プラン申し込みとは?
  • 自然素材へのこだわり

「リフォームしたらどんな感じになるんだろう?」「リフォーム工事ってどうやって進むのかな?」施工事例を見てみよう!
ナチュラルステージが頑張れるもとは、お客様からの言葉です!お客様からいただいたお手紙

お客様からよく頂くご質問

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る
建築家ブログを見る

チラシでおなじみナチュラルステージのリフォームイベントの最新情報はこちら

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

イベントの最新情報を見る

契約前に聞いてみよう!リフォームのセカンドオピニオン

女性一級建築士にリフォームの相談をしよう

リフォームこそ一級建築士にお任せください

中古住宅の購入をご検討中の方へ

現場日記

RSS表示パーツ

採用案内

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました!Reform2に掲載されました!

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

男・ブログ

RSS表示パーツ

OBの皆様へ

施工事例

お客様の声

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

イベント相談階にお気軽にお越しください

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

一級建築士 免許証

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

一級建築士免許証

一級建築士事務所登録証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ