リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

一級建築士 現場日記

969件

1 / 9712345...102030...最後 »

前回のブログが中断した時に放置になってしまっていた現場レポートがある事を思い出した設計桑山です。

こんにちわ。

ようやく昨日から落ち着いてお昼ご飯を食べる時間ができるようになりました。

食べる時間がないか、おにぎりを齧りながら運転しているか・・・そんな状態は脱出できたようです!!

しかし家では

明日に迫ったテストに向けて息子が息猫の空を放置状態で勉強中。

期限を損ねている空は

20170522_215544

自分のおもちゃをガン見して無言のアピールをする・・・。

本当にジッと見て、こちらをチラリ。

さらにジッと見て、チラリ・・・。永遠と繰り返しています。

双方大人になる試練中ですねえ。

家の修羅場もあと少しなので、さてそろそろレポートしないと!!ですよね。

それではとーっても前に更新していたトイレリフォームの現場は

DSC08299

劣化していた床の合板をめくって張り替え

壁のボードも手すりに耐えられるように壁下地を合板に張り替えるための準備まで完了したところまででしたね。

さあ今日は遅くなりましたがその続きから。

思って写真を探したのですが

内装と設備取り付け中の写真がほとんどない!!

 

DSC08326

こんな感じで内装の工事をさせていただいています。

今回は2階のトイレを奥様好みにリフォームさせていただいているので

壁が少し淡くピンクになっているのわかりますか?

DSC08327

白地に淡いピンクで♡の模様をモチーフにした柄がちりばめられている

そんなクロスを貼らせていただきました。

DSC08330

便器は前回に続いてGG-800に類似したHVシリーズをお付けしています。

こちらも

お見積もりの前に、比較的大きい便器なので

リフォーム前の便器に対してどの位置に座面がくるか確認してもらって

間違って服が脱ぐのが狭くなった!!なんて問題が起きないようにしてから

発注させていただきました。

確かにお値打ちですが

最新のトイレに比べて6cmも大きいので注意が必要です。

DSC08329

立ち上がるための手すりも1本だけお付けしています。

DSC08328

全体のイメージはこんな感じです。

お客様って本当に偉いですよね?

ちゃんと空間のイメージに合わせて小物を買い替えてくださります。

消して安いリフォームではありません。

でもそれに合わせて、小物まで購入いただけると

作り手側としては、ああ・・・大事にしてもらえそうで嬉しいなあ・・・。

そんな気持ちになりますし

リフォームさせてもらえて本当に良かったと思います。

このトイレリフォームをさせていただいたS様もOB様。

この工事は連休前のお子様たちが戻ってこられる前に完工させていただきました。

そして連休明けからは洋間の断熱内装工事へと工事が進んでいます。

次回はその模様もお伝えしていきたいと思います。

だいぶ施工事例が溜まってしまっているので頑張って更新しますね。

TVで最近さかんに取り上げられている断熱遮熱塗料ガイナ

内装工事で使うの私達は、かなりレアケースのようです。

ガイナの取り扱いが塗装屋さんであるからかもしれませんが

私達リフォーム屋でガイナと取り扱っているところは

もっと内装ガイナをアピールするべき!!ってくらい効きますよ。

仕上がりも、クロスとは違った味があります。

内装専用のガイナがある事もなかなか周知されていませんが

良い商品ですので力を入れてレポートしていきたいと思います。

それでは次回もどうぞお楽しみに。

 

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

2017年5月23日(火)
開けてしまってすいません New!

こんにちわ。

4/13からお休みが無くてもうじき一カ月半の連続勤務となっている設計桑山です。

世の中のゴールデンなウィークなんぞ私にはとうとうご縁が無くなってしまいました。

一カ月半ぶりの休みは明後日・・・。無事休めるかしら。

そして我が家では中学生になりたての息子が初の中間テストに向けて

ほぼほぼグロッキー状態。

20170520_230311

毎晩毎晩、夜中まで勉強しても終わらないテスト勉強。

疲れて夜11時頃、放心状態で休憩しているところを撮影。

テスト勉強の反省を書いて学校に出すのですが

これが

20170522_215422

金「疲れた」

土「目が痛い」

日「休んだ気がしない・・・」

反省と言うよりも愚痴。

私が先生なら、これ読んだら花丸でしょ?

だって力尽きた愚痴しか出ないほど勉強してるって事ですもんね。

先生のコメントに余裕がないなあ。

親の私はこれ見て爆笑しちゃいました!!

先生2年目だし仕方ないかな?

ハードな仕事が終わらず、夜は息子のテスト勉強に付き合い

最近は早朝も・・・。

私に休みがないので、息子は夜中と早朝以外は一人で頑張る!!

遊びたいのもバスケしたいのもグーっとこらえて頑張ってます。

さて木金の試験の結果・・・どうなるかな~。

そんなこんなでブログが全然更新できず・・・本当にすみません。

現場は連休明けから水回りのリフォームと内装のリフォーム全力で動いていました。

おかげさまで無事に完了しておりますが

取り急ぎ、ブログ書かねば!!で本日は自分の状況のご報告でした。

次回からは連休明けのリフォームの模様をお伝えしますね。

それでは、学生さんたち!!テスト頑張れ!!

社会人の皆さん。暑くなってきたので体調監理には気を付けて頑張りましょう。

私はとりあえずいい加減休みたい。

体が重いのなんのって・・・。

車の運転始めて5分で睡魔が襲うので、運転中は何か必ず食べるようにしています。

口を動かすと眠気が納まる・・・。

しかし一向に体重が増えません。

うーん、究極のダイエット中ということで!!

でもおかげさまで、お問い合わせをいただいていて

プランもこれから作っていきます。

ありがとうございます。

親なんで息子以上に頑張って背中見せて行かないと!ですからね。

それでは次回からをお楽しみに。

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

こんにちわ。

昨日、環境の変化で疲れがでたのか息子が熱を出した設計桑山です。

日曜日、バスケから帰ってきた息子が微熱を出し

昨日は思い切り熱が上がりました・・・。

喉が痛いとの事で耳鼻科へ行ったのですがあっさり

「疲れですね。喉・・・腫れてないんで・・・」と。

一日寝たら、夕方位から元気満点。

今日は部活の体験があるようで喜び勇んで学校へ行きました。

一つ峠を越えたような感じです。

学校が楽しいとの事のなので何より。

そろそろ勉強も本腰入れて見ないと!!と思う今日この頃です。

さて今日の現場レポートは前回リフォーム前の状況をお伝えした

トイレリフォームのS様邸の様子をレポートしたいと思います。

DSC07980

あちらこちら、かなり無理やり付けた感のあるトイレ。

床の下地がすでにグスグスになりだしているので解体からスタートです。

DSC03171

まずは、とにかく無理やり付けてあった便器を撤去。

一緒に手洗いも取れていきます。

ここから

DSC03172

以前の給水管の穴がそのまま残っていた正面の壁の下地を捲ります。

さらに

DSC03174

両サイドの壁も床から1800mmまでめくっていきます。

将来手すりが必要になったとき

プラスターボードの下地から合板の下地へ張り替えておけば

どこにでも手すりが付けることができるので、下地の貼り替えを今のうちにやってしまいます!!

内装工事を行うときに、こうやって将来の準備をしておくことができるので

少し予算はかかりますが先を見据えてご提案です。

DSC03179

最後は床の下地合板を捲ります。

半分残っているのは、ここが2階だからです。

全部取ってしまうと、作業することができなくなります。

DSC08297

そして合板を貼り替え完了!!

歩くと、フワリフワリしていた歩行感もなくなって良かったです。

給水管は所定の位置に出すために

DSC08298

少々移動してくれました。

これきっとサービス工事ですね、大工さんの。

ありがとうございます。

給水の左にはコンセントが。

以前は

DSC08269

写真奥の方に見えますか?

カウンターと同じくらいの高いところについていました・・・。

なぜここ??なんだろ??

みっともないので、低い位置へ移動してもらっています。

DSC08299

壁の下地は、本数が少なかったので足してもらいました。

いくら合板の下地に張り替えるからと言って

少ない下地へ強引に止めると、やっぱり心配ですから。

ここまでくると

問題なく進んでいる感じになります。

ようやく、私が別の現場へと目を向けてもOKな感じ。

工事の大きさに関わらず

リフォームは何が起こるかわかりません。

設備の単体工事の方が、逃げ場がなかったり

予算が厳しかったりするので

意外とドキドキして着工に臨んでいます。

できれば何もない現場に当たりたいものですが

そんな現場あるはずがなく

毎回、胃がギューっとなりつつ

お客様には笑顔で!!お話しさせてもらっています。

いつもの事

いつもの事だから

あわてず

さわがず冷静に!!

私が慌てると、営業も職人さんも、お客様も心配そうになってしまします。

どーんと、落ち着いて対処できるよう努力中です。

やっぱり笑顔が引きつってしまいますので・・・。

次回は、綺麗に納まったところをお伝えできると思います。

壁の下地で苦戦したのですが

そこは写真に撮れる場所ではなかったので

まるで何事もないかのようにブログではお伝えできるはずです!!

それでは仕上がりの模様は次回で。

どうぞお楽しみに!!

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

こんにちわ。

今日、息子が一人でジュニアバスケの練習に行っている設計桑山です。

入ったチームに不満爆発した息子に巻き込まれ

新しいチームを元ミニバスコーチに相談して紹介してもらい

20170420_220301 20170420_220310

こんな感じで新しいチームへ移動しました。

名古屋の西区になるJcubeと言う強いチームです。

コーチのお子さんと一緒に

自転車で駅まで行って、電車に乗って、歩いて練習会場にまで行っています。

帰りは10時になりますが、自立の第一歩かなあと応援中です。

息子のおかげで時間ができたので私は仕事頑張ってます。

が、RCのリフォームは現況図を起こすのが大変・・・。

木造は910mmピッチなんで書きやすいのですが

自由設計のRCは大変で苦戦中です。

それでは月曜日から始まっていたトイレのリフォームの

現場レポートをしたいと思います。

まずはリフォーム前の様子からお伝えしたいと思います。

調査してビックリしたのがコチラ。

 DSC07980

タンクが隠れているタイプのトイレなのですが

上のカウンターを外すと

DSC08273

この小さな扉が開くはずなのに・・・開かない・・・。

かなり強引につけたようで

何をしても開きません。

DSC07981

既設の配管の穴もふさいでなくて丸見えです。

さらに

DSC08270

一体の手洗い器の下の扉・・・こちらも空きません。

取っ手が枠に当たってしまっています。

このお客様、この工事のあとにナチュラルステージで

1階の水回りをさせてもらっています。

その工事にご満足していただけたみたいで

今回、問題の2階のトイレのリフォームをお任せいただきました。

連休明けには1階のご主人様の部屋の内装工事も

着工する予定となっています。

こうやって、次の工事に呼んでいただけると本当に嬉しいです。

以前は、今は事務になっている西村さんが担当させてもらっていましたが

今回は私が担当。

西村さんの良かったところを、きちんと引き継いで

工事をさせてもらわないといけない!!と心に誓って

着工させてもらいました。

次回は、予想通り苦戦した

トイレリフォームの模様をお伝えしたいと思います。

それでは次回までお待ちくださいね!!

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

おはようございます。

仕事の量が尋常ではなくなってしまって早朝、深夜勤務がスタートした設計桑山です。

休日はもうとっくの昔になくしました!!

連休前は、気になるところがあるOB様からのお問い合わせが増える時期です。

分かっていても

毎年のことでも

うーん、上手にこなしきれない・・・。量が半端なくて・・・。

せっかくのお問合せには丁寧に対応したいので時間もかかってしまいます。

この時期だけ一日の時間を30時間とかにしてほしいと思います。

それでは、大事な時間を無駄にしないように

さっそく現場レポートをしたいと思います!!

今日で最後になるかな?床のリフォームのOB様の工事現場です。

前回は

20170410_154632

2階の廊下が無事に仕上がり工事が1階へ動いたところまででしたね。

今日はその続きから。

DSC08169

玄関ホールの床の工事には必須の框の工事が待っています。

以前見てもらったのと上の写真が違うのわかりますかね?

DSC07921

これがリフォーム前の框。

框の下の方が色が変わっているのわかりますか?

DSC08170

框にL形のカバー工法の框をかぶせるのですが

なにぶんリフォームです。

既設の框がまっすぐとは限りません・・・。

新しいLの框をかぶせたら下の方が・・・カパカパ隙間ができる事が判明。

被せるLの形にピッタリくるように既設の方へ

薄い合板を貼り合わせて下地を作り直していっているので

2色に見えるわけです。

框一つ付けるにもリフォームだと難易度があがるので苦戦です。

何もしなくても付くときもあるんですけどね。

でもたいてい、何かしら大工さんが工夫してつけてくれています。

こうやって框を付けてもらって床を張り上げると

DSC08235

DSC08236

こんな感じで仕上がりました。

お客様には「脚触りが凄く気持ちいい!!」

「リビングより廊下の方が素敵になっちゃった~」と言っていただけたので嬉しいですね。

DSC08237

框の部分もまるで何もなかったようについています。

これがリフォームの最終地点です。

苦労の跡が見えない!!まるで何もなかったようにきれいに仕上がっている・・・。

言わなければ大工さんの苦労が分かりませんよね?

お客様はずーっとみているわけではないので

手間がかかっていることはご存知ありません。

それでいい!!って思っています。

当たり前のように最上級の仕上がりを常にご提供し続ける

それができるのも職人さんたちのおかげです。

そして苦戦した2階は

DSC08238

DSC08239

こんな感じで階段廻りも廊下もきれいに仕上げることができました。

こちらも苦労の跡が全く分かりませんね。

頑張る姿をほめてもらえるのは学生のうちだけです。

社会人は努力は当然

努力して結果をだして初めてお客様から

「良かったよ!今回も」と言ってもらえると思っています。

結果を出し続けるのはやっぱり大変ではありますが

それを全部打ち消してくれるお客様からの満足のお声を聞かせていただけるので

大変でもこの仕事はとっても好きな仕事です。

初心を忘れないように

この気持ちを忘れないようにしたいですね。

それでは今日も頑張って仕事してきます。

次回はトイレリフォームですよ!どうぞ次回もお楽しみに。

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

こんにちわ。

明日、いよいよ息子を本命のジュニアバスケの体験についれていく

設計桑山です。今日は暑いですねえ!!

ジュニアバスケの練習場所が、西区。

我が家は一宮。

おまけに私の仕事は夜まである・・・。

さて、本当に彼の希望どおりに入れてあげることができるか

ここが親の正念場です。

遠征先、試合の数、試合会場の場所。

この3つが遠方だと難しくなりますが今朝息子が

「おれ、電車でいくもんで、入るから!!」と言い切られてしまいました。

親離れ進んでいますね。

あれもこれもダメではなくて、できるだけ自立を応援したいので

無下にせず、息子と一緒に考えて決めたいと思います。

それでは、今日もなかなか白熱している床のリフォームの

現場レポートをしたいと思います。

前回は

DSC08196

苦心して2階の無垢フローリングを貼る位置決めをしたところまででした。

今日はその続きです。

20170410_154714

いろいろ苦戦はしましたが無事に2階の廊下に

オークの無垢フローリングを張り上げることができました。

奥へ伸びるフローリングはやっぱり下地をやり替えてでも

張るだけのかいがありますね!!

そして

DSC08190

階段の上段框のカバー工法の部材が元の上段框の見切りより

飛び出て納まっていなかった部分に

20170410_154719

一段さげて見切りをつけてもらいました。

20170410_154726

色が写真だと違和感があるように見えますが

材種を杉にして赤みのある物を使ったので現場は綺麗に見えますよ。

私の写真の腕がないだけ・・・すいません。

あえて元の見切りから一つ下げる形で納めたので存在感も出ないようになっています。

うーん・・・しかし写真へったくそだな、私。

本当に現物をお見せしたいくらいです・・・。

20170410_154656

2階の工事が終わったので、1階の仕上げにかかります。

1階はどうしてもお客様が工事中も通るので

譲り合いで工事を行います。

無垢フローリングは湿気の多い時期の動きに追随させるために

一枚の無垢を貼るごとにプラスチックのチップを入れ込んで

あえて隙間を作りながら貼っていきます。

その為、このチップでお客様が足を怪我しないように

工事中ずーっと現場作業しながら大工さんが声をかけてくれています。

肝心の私が、踏んであまりの痛さに声を失うって事態に・・・。

大工さんが「またやった!!」って苦笑いしますが

もうドジは昔からなんで治りませんよねえ。

20170410_154632

階段側から玄関方向にむけて貼ってくれています。

化粧合板との相性はやっぱりオークが一番です。

もう一息で完成!!

次回には完成の模様をお伝えできると思いますので

お楽しみに。

明日からは、OB様のところでトイレのリフォームが着工します。

連休明けには同じお客様の所で内装工事が。

さらに、もう一組OB様のところでサッシのリフォームも着工です。

4月連休直前は連休までに終わる単発工事で工事が乱立します。

無事に連休を迎えてプランの仕事へ戻れるよう

一切の手戻り禁止を胸に現場監理していきます!!

設計の仕事の方は、こちらもOB様の所の全面リフォームの

調査、現況図起こしの真っ最中。

3か月待ちのお客様のご厚意でプランをさらにお待ちいただいております。

待ってくださる方の為にも

OB様の為にも

設計の本業に力を入れる時間は連休しかないので

今年もゴールデンウィークは他人事で仕事していると思います。

連休の突然ご来店は、毎年恒例私の担当になりますよ。

飛び込み相談は連休の恒例行事。

今年はどんなお客様がきてくださるかちょっとワクワクしてお待ちしています。

あ・・・古民家のお客様も復活調査しないと・・・。

今年は大型連続ですが工事のご依頼をいただけるように頑張ります。

それでは次回もどうぞお楽しみに。

 

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

おはようございます。

昨日息子から「母ちゃん、おれ背の順一番後ろだった!!」と聞かされた

設計桑山です。

両親そろって160cmあるかないかの私達から

まさか背の順が一番後ろの息子がでてくるなんぞ

本当に驚き以外の何物でもありません・・・。

でも、きっと早く身長止まって抜かされていくんだろうなあと思いつつ

「良かったねえ」と伝えておきました。

息子よ!!今だけの景色を存分に楽しんで~。

さて、本日は再び戻って床のリフォームの現場レポートしたいと思います。

前回は

DSC08180

1階の床の下地合板を張り替えているところまでお伝えしましたね。

今日はその続きから行きます!

DSC08186

玄関の框の直前まで合板の貼り替え完了です。

写真の右に見えるのが今回貼る無垢フローリングのオーク材です。

1階の下地が貼り終わると

再び2階へ戻って仕上げに入っていきます。

床の割り付けをして

こうやって準備してから・・・貼る前にやることがあります。

DSC08189

まずは2階の廊下の工事に必須な階段の一番上の部分に

カバー工法で階段上段框を取り付けていきます。

新築ではありませんので階段のササラに合わせて細かく切り刻んでつけてもらいます。

逃げはどこにも空間が無いのでギリギリを見極めて大工さんは加工します。

床のオークに合わせて今回はタモの突板で作ってもらいました。

DSC08190

新築時には綺麗に納まっていた上段框も

後からカバーで納めると、こんな感じでチリが納まりきらない所が出てきます。

今回は大工さんとこちらをフリーに納めることを決めていたので

この部分も木材を加工して見切りを付けます。

DSC08193

で、いざフローリングを貼ろうとしたら・・・ため息が出ちゃうような事態に。

下地がすでに汚れている!?

DSC08194

実は一度貼ってもらったんです。無垢を。

そうしたらこの壁際で残したフローリングがまさかの急勾配で

壁側に落ちていることが判明。

一度貼った無垢フローリングが突き上げてしまって

とにかく気持ち悪い脚触りに・・・。

大工さんからの連絡に現場にいってカットしたフローリングを当ててみると

DSC08195

綺麗に端部処理したフローリングを床に充てると

写真の右側。

フローリングの下が既設のフローリングから浮いているのが分かりますか?

世の中、1mm、2mmなんてどうとでもなるような違いですが

リフォームにとっては命取り・・・。

これでは床なりどころか

時期によっては床材が持ち上がってくることが想定できます。

そこで急遽

DSC08196

さらに端部を加工して、無垢フローリングの裏側の溝に

既設フローリングと張り替えた合板のジョイント部分が入るようにしてもらって

やっと・・・この1mm、2mmを吸収することができたのです。

久しぶりに貼ったフローリングを捲って貼りなおすなんて事態になりましたが

とにかく、許せる脚触りではなかったので

やり直して、満足いく仕上がりに作り直してもらいました。

「しかたない」で片付けるしかない場合もたくさんあります。

新築時の影響や

住んでいる間に起こる影響。

それを全部リフォームで解決できるわけではありませんが

頭を使って

細かいところまで気を配れば

中にはなんとかなる部分もちゃんとあるのです。

これを放置して進めるか

手戻りしても納得いく工事にするのか・・・。

私と大工さんの良心に任されているところが多く

だからこそ

大工さんは絶対に厳しい職人さんに工事をお願いしたいと思っています。

私のちからではありません。

尊敬する職人さんの腕次第です。

ナチュラルの職人さんの一番自慢できるところは

この妥協を一切しないという所です。

お客様に自分たちが出せる最高の物をお出しし続けることの難しさを

毎日感じてはいますが

でも逆に

それが一番気持ちよくて、この仕事の最高の部分だと思います。

新築の設計・監理では味わえない気持ちよさですね。

けして私たちの工事は安くありません。

他社と比べれば、「結構するね」と価格には言われます。

でも

そんな価格でも「お願い」と信じてくださったお客様には

価格以上の物を常にご提供したいと思っています!!

安くなくてごめんなさい・・・ではありますが

工事のリピートが多い理由はきっとここだと信じています。

どんな規模の工事でも必ずよそとは違う満足感を味わっていただけると思います。

今週末は

自社にてリフォーム相談会を開催しています。

ぜひぜひ、このブログを読んでご来場いただきたい!!って思っています。

スタッフ一同心からのご来場をお待ちしています。

お名前を聞いたりしませんので安心してご相談にいらしてくださいね。

お待ちしています!

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

こんにちわ。

忘れていましたが、先週無事に息子が中学校の入学式を終えた設計桑山です。

1491539326326

そして、本日すでに実力テストとやらがあるようです・・・。

自分の実力の低さを実感してこればいいと思っています。

来週にはジュニアの新しいチームの体験にも行ってきます。

勉強は学生の本分ですので、彼がやっている宿題はチェックして

勉強だけ落ちないように、できる事はやる予定ですが

教科書見て、おもわず「一緒に勉強しよう!!」と誓いました。

勉強は嫌いじゃないので楽しんで親子でやっていけたらと思っています。

それでは、今日の現場レポートは、

今年3件目となっているOB様のところの排水桝の工事です。

今回のOB様は北名古屋市のお客様。

昨年の夏に、キッチンの排水がキッチンの床へあふれてきて

その際に排水管を洗浄させてもらいました。

ところが・・・

過去に経験がなくて驚いたのですが、今年3月にふたたび

「また・・・流れなくて・・・」とご連絡いただきました。

びっくりして、緊急の配管洗浄の職人さんと伺うと

キッチンからの排水が流れ込んでいる2つの桝はすでに白く油が固まっている状態。

アップで見るとよくわかりますか?

これ、お客様の使い方がけして悪いわけではありません。

排水の流れ込む桝が、まず2つある事がおかしいのです。

なぜ二つあるのでしょうか??

この桝、上の小さい升はトラップ桝なんです。

それを乗り越えると下の桝へと排水が流れます。

建築の常識として

トラップは、一つのキッチンに1つまでと決まっています。

トラップが2つも付いていると、圧が掛かりすぎて

水が流れなくなってしまうからです。

トラップ桝だけならば問題ないのですが

家の中のキッチンは、もちろんシステムキッチンです。

ですので

シンクの部分には

とうぜんトラップが付いています。

こちらの建物、大和ハウスです。

有名ハウスメーカーです。

更に、私にも大問題が。

夏の配管の詰まりの際に、きっと洗浄の職人さんに

この2重トラップを聞いていたはずなのです。

原因を聞いていたにも関わらずOB様に対して

何もアクションを起こさなかったのは私です。

建築士としては致命傷のミス。

2重トラップが原因であれば桝の交換を提案すべきです。

それを行わなかった・・・。

なぜ?と聞かれると、どうにも記憶になく

私の判断提案ミスでご迷惑をおかけしたことは間違いありません。

ハウスメーカーの家に住んで

1級建築士のリフォームメンテナンスを受けて

それでこれです。

自分を含め、本当に情けない限り。

大至急で、排水桝を2重トラップ桝から通常の物へと取り換えさせていただきました。

KIMG0082

地面を掘ると桝が出現します。

キッチンからの排水が2重トラップの前に

まさかのクランク・・・。なんと強引な。

2重トラップだけでなく、クランクでさらに流れが悪い状態に。

このクランクだけは、接着ができないので残さないといけないのですが

KIMG0083

丁寧に、基礎のベース上で切断です。

クランクはありますが

KIMG0084

新しい通常の排水桝を取り付けて

KIMG0085

整地で完了です!!

本当に自分のミスでご迷惑をおかけしてしまいました。

以前は、キッチンのシンク側の排水のトラップ蓋が水の引きが悪すぎて

全く使えなかったのですが

外の桝を改修したので、シンクのトラップを機能させても

全く問題なく流れるようになりました・・・。

本当にすみませんでした。

自分の提案落ちで、こんな迷惑をおかけするなんて

まだまだ全然配慮が足りません。

初心

何度でも

初心です。

そして、キッチンの流れが悪いお客様。

ハウスメーカーだから大丈夫。

設計事務所に監理してもらったから大丈夫。

油断は禁物です。

私もこんなざまですから・・・。

流れが悪かったら桝の蓋を取ってみてあげてください。

本当に今回は申し分かりませんでした。

あー!!ダサい・・・。

もう一度頑張りなおします。

次回もどうぞお楽しみに。

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

こんにちわ。

昨日と今日、二日に渡って名古屋のプロバスケットボールBリーグの試合に

息子を送り出している設計桑山です。

昨日はお友達に誘ってもらって

今日は、ミニバスのコーチたちから「おいで!!」と言ってもらって

どちらも無料で観戦させてもらいました。

おまけに送迎もしてもらって・・・。

私には今その時間が全くないので、本当にありがたいです。

さらにバスケット熱が高まり、今日の午前中はミニバスの練習にいっています。

夢中になれるものがあるのは大人子供関係なく素敵だなって思います。

さあ、私は仕事に夢中なんで今日も現場レポートをしたいと思います。

小牧市のOB様、S様邸の床の工事は

少々、難しい現場となっています・・・。床だけなのに・・・。

大工さんの加藤さんと二人で頭を抱えたり、意見交換したりで

ユルユル進んでおります。

前回は

DSC08171

下地の合板を張り替えるために上の無垢フローリングの梁方向に合わせて

根太を補強したところまででしたね。

今日はその続きから。

DSC08193

2階の床の合板が敷き上がりました。

まだ仕上がっていませんが、一旦抜けるような感じはなくなったので

2階をここで止めて1階の床の工事へと現場は移動していきます。

DSC08175

2階と異なって、1階の床にはカラーフロアーの木目柄の材料が貼ってありました。

奥から手前の玄関上がり框の方へ向かって工事を進めます。

DSC08176

まずは2階同様、フローリングをカットしてめくっていきます。

全部めくらないのはお客様が歩行することができなくなるからです。

その日のうちに確実に下地を起こすことができる分だけずつ進めていきます。

夜には洗面所やトイレに行く為、その部分にこんな穴があったら・・・

二度とリフォームしたくなりますよね。

DSC08177

一本だけ中央に根太が新しくなっている部分があるのですが

分かりますか?

これはフローリングを固定する303mmピッチに対して

広すぎるところがあったので根太を加えて補強してあげたからです。

DSC08179

また、既設のフローリングを切り取った部分に関しては写真のように

合板と既設のフローリングのつなぎ目ができるので

その部分も補強してあげます。

既設のフローリングの下に木の新しいものが見えるのわかりますか?

これが補強桟です。

リフォームは表をめくって

新しいのもをくっつけるだけではありません。

今後使用するにあたって、障害や弊害が出ないように

先を見越してあらゆる保護をしてあげたうえで

表層を新しくするのがリフォームです。

そこを間違えると価格差の違いが分からずに失敗することもあるかな?と思って

今回は珍しく単純な床リフォームのナチュラルの工事を見てもらっています。

これが、たぶん一番基本のやり方なはずです。

見積もりにこうゆう補強工事が入っているか?

もし解体後にこうゆう補強が必要になった場合追加費用が発生しないようになっているか?

表の価格にばかり目を取られてしまうといけません。

安い会社より

予算内の会社を選ぶようにするだけで

失敗のリスクは激減すると思いますので是非目線を変えてみてくださいね。

話が脱線してしまいました・・・。

DSC08180

奥の部分の合板が貼れたら、次の日に次の部分に進んでいきます。

今回1階は一番初めに捲った部分が一番劣化がひどく

歩くと靴下が挟まることがあるくらいの捲れが起こっていました。

これでとりあえず、歩行に心配はなくなりました。

一旦、抜けると危ないので1階の下地を全部補強したのちに

2階へと戻っていく段取りとなっています。

次回は無垢フローリンを貼る所をお届け・・・ではなかった!!

次回は、今年3件目の排水桝の交換のレポートでした!!

こちらの原因は新築時のキッチンの2重トラップです・・・。

ほんと、ハウスメーカーらしからぬ桝の施工・・・。

クレームを私が言いたいくらい!!

ご参考になる方もいると思いますので次回もどうぞお楽しみに。

 

 

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

こんにちわ。

息子が今行っているジュニアバスケのチームに不満が溜まりつつある設計桑山です。

そのチームにはミニバスのキャプテンが入っておらず

できれば同じところに行かせてほしい・・・そう息子にお願いされました。

ミニバスのキャプテンの子のお父さんはミニバスの監督。

事情を話し、相談に載ってもらっています。

少し遠い夜バスの練習にいつも送る事は私の仕事上不可能。

入る事を踏まえて「子育てタクシー」を予約しました。

子供が一人で乗っても、事前に登録した場所であれば載せて行ってくれるタクシーです。

つい最近までベビーシッターさんに多額の費用をお支払いしていましたが

次はタクシー会社になりそうな予感。

それでも、めったに我儘言わない息子の

たまにの願い・・・なんとかしたいと思っています。

頑張って、稼がないと!!ですね。仕事に気合がさらに入ります。

それでは、床リフォームの模様をお届けしたいと思います。

昨日は

20170404_092916

ラインを取って床を壁際残しで切り落としたところまでお伝えしました。

今日はその続きから

DSC08169

フローリングを捲ると下からは根太が見えてきました。

さあ、まさかの事態がこの根太。

何か分かると、それはもう設計やれちゃいます!!

廊下の全貌が

DSC07917 (1)

これですね。 

さあ、あなただったらフローリングどうやって貼ってほしいですか?

チンチクリンに見みえる左右方向に貼っていってほしいですか?

それとも廊下が広く見えやすい手前から奥方向に貼っていってほしいですか?

普通は手前から奥方向に貼りますね。

そうなると

DSC08169

ぽっかり穴が開いている手前から奥方向へ伸びている木が根太です。

通常

根太はフローリングと直交方向に入っています。

さらに下の梁は根太と直交方向つまりフローリングと同じ方向に入っています。

なぜか?

これは歩く人の重さをきちんと下へ伝えるためです。

ほとんどこの世界では常識です。

しかし現場はフローリングの貼りたい方向と

根太の方向が一致してしまっています。

困った!!となったのです。

ここからはリフォーム屋さんならでは

DSC08172

まずは根太の下にたわみを抑えるための補強を下に入れます。

このピッチはフローリングを固定する303mmピッチで入れます。

この補強の上に

DSC08171

写真合板の真下くらいの所ですがもうひと重ね根太が載ったのわかりますか?

そう!!

既設の根太を使ってフローリングと直行方向に新しく根太を仕込み直してもらったのです。

全部大工さんの技です。

私がすることは一つ。

解体後大工さんに「どうする?」と聞かれたら

「フローリングと根太の方向が一緒なのは例え合板を敷いても気持ち悪いからイヤです!!」

と言う事。

費用は当社で負担して、追加で直交方向に根太を作ってもらったわけです。

 

床のリフォーム工事でもやっぱり不測の事態は起きます。

次からは、どんなに小さい空間でも

必ず!!調査時には根太方向を調べておくことを心に誓いました。

少々利益に影響を及ぼします。

会社に文句を言われることはありませんが

ミスはミス。

次に同じ失敗は許されません!

改めてリフォームの怖さを感じる日でした。

今日は1階の下地補強へと進んでいます。

次回にお届けしますね。

それでは次回もお楽しみに。

カテゴリー: 一級建築士 現場日記 | コメントをどうぞ

969件

1 / 9712345...102030...最後 »
「リフォームしたらどんな感じになるんだろう?」「リフォーム工事ってどうやって進むのかな?」施工事例を見てみよう!
ナチュラルステージが頑張れるもとは、お客様からの言葉です!お客様からいただいたお手紙

お客様からよく頂くご質問

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る
建築家ブログを見る

チラシでおなじみナチュラルステージのリフォームイベントの最新情報はこちら

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

2017年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
« 4月    

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

イベントの最新情報を見る

契約前に聞いてみよう!リフォームのセカンドオピニオン

女性一級建築士にリフォームの相談をしよう

リフォームこそ一級建築士にお任せください

中古住宅の購入をご検討中の方へ

現場日記

RSS表示パーツ

採用案内

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました!Reform2に掲載されました!

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

男・ブログ

RSS表示パーツ

OBの皆様へ

施工事例

お客様の声

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

イベント相談階にお気軽にお越しください

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

一級建築士 免許証

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

一級建築士免許証

一級建築士事務所登録証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ