リフォームを愛知(岩倉,一宮,小牧,江南,北名古屋,春日井,稲沢,犬山)でするならナチュラル・ステージへお任せ下さい!

断熱リフォーム基礎知識

「家が寒くて・・・」
「夏が暑くて・・・」

断熱工事とまでいかなくとも、リフォームのお話しを伺うと出てくるのが
家の温熱環境に対する不満が出ないお客様はほとんどいないといってもいいと思います。

「冬は、外の気温と同じくらいになっちゃうんですよー、隙間風が入ってね」
「夏は、外がトタンでしょ?、夜になっても風が入るんだけど熱気が抜けなくて・・・」

「屋根裏に断熱がしてなくて、夏も冬と同じで外と一緒の気温になっちゃうんだよ」

「共働きだから、夏、家に帰るとサウナみたいになってる・・・。
窓を開けようがエアコン掛けようが全然効かないから体調崩しそう」

「お風呂が寒くてねー、入る前にお湯を出しておかないと・・・」

「お風呂のお湯がすぐ冷めちゃうんですよ。入りながら追い炊きをする??って感じです」

「洗面所が寒くて、暖かいお風呂から出てきても、一瞬で冷えちゃうわ」

「キッチンが夏は暑いし、冬は寒いし・・・。エアコン掛けても快適になるころにはいなくなる感じ・・・」

どうでしょうか?
これらの声は実際私達がお客様から聞いた声です。
このページをお読みのお客様の中に、同じような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

一言「断熱」といえば、なんだか簡単な工事に聞こえますが
断熱工事ほど、種類に富んだリフォームも少ないと思います。

そして、何より、本当に断熱効果があるのかどうか??それを確かめる事が出来ないままに
工事の契約をしなくてはいけない可能性が高い事がお客様にとって
工事をするかどうか決めきれない原因になっているようです。

他のリフォームならばサンプル等もお持ちできるのですが
「断熱」となった瞬間にそれが困難になっていました。

そこで、できるだけ不安な気持ちや心配なままリフォームに臨んでいただかなくてもいいよう
ナチュラルステージでは、オリジナルで体験ルームや実験器具、
さらには奥の手で、スタッフの自宅にお試ししてみる・・・などの方法で
「これならば!!」という物だけをお薦めしています。

その為か、断熱リフォームをさせて頂いたお客様には、とても満足度の高いお声を頂戴しています。

ナチュラルステージが自信を持ってお薦めする断熱材について
種類ごとに分けて、ご紹介させて頂きたいと思います。

ご興味が有られる方は、是非ご覧頂けたらと思います。

断熱材を選ぶ前に基本をおさえよう

「断熱材」と言われて多くの人が思うのが、
やはり右の写真のようなグラスウールだと思います。

グラスウールはその扱いやすさと価格がとても魅力的な商品です。
その為、多くの既設や新築の住宅の天井や壁の断熱材として使われています。

しかし、その反面、メディアやネットで取り上げられているように湿気に弱いという側面も。
.
正しい施工方法と、正しい補修方法で設置されたものは
何も問題ないのですが施工方法を間違うと、
断熱材としての機能を失う事があります。

断熱材を選ぶ基準の一つとして、
永続的に断熱効果が得られることが大前提である事は言うまでもありません。
それには、湿度(=内部結露・・・壁の中で起こる結露)の問題を追及する必要があります。

まずは、断熱工事を希望される皆様に、ご自宅の壁の中でどんな事が日常的に
行われているのか知って頂きたいと思います。

まずは私達の廻りを取り捲いている「空気」の性質について基本的な原則は・・・

「空気」の性質について基本4原則

①空気は暖かいほうから冷たいほうへ流れる性質がある

②湿気は高い方(ムシムシする方)から低い方(カラっと乾いている方)へ流れる性質がある

③暖かい空気は水分をたくさん含む事ができる

④冷たい空気は水分を少ししか含む事ができない

この4つは、これからの説明に大変重要となるので覚えておいてくださいね。

それでは最初に結露が起こるシクミをご覧頂きましょう。

結露のシクミ

暖かく暖房をかけ加湿器をかけているうるおいのある部屋。暖かい空気は多くの湿気を含むことができる。暖房をかけず使用していない冷え切った乾燥した部屋。冷たい空気は少しの湿気しか空気中に入れることができない。
ドアを開けると
暖かく湿った空気が一気に乾いて冷えた部屋に流れ込みます。原理「暖かい空気は冷たいほうへ流れる」「湿った空気は乾いた空気のほうへ流れる」冷えた空気を含むことができる以上の湿気が流れ込むと空気中に入れることができず「結露」と呼ばれる水滴が天井床壁などとくに冷えている部分につきます。

結露がなぜ起こるのか?どうやって起こるのかご理解いただけましたか?

それでは、次に自宅の壁の中でどんな空気の流れが起こっているのかを
冬場を想定して結露の仕組みと同じように見てみましょう。
夏場は冬と逆の現象が起きていると思って頂ければ大丈夫です。

壁の内のシクミ

冬

壁を通して熱が外に流れます

熱の移動は室内から外へ、
空気に含まれる湿気も一緒に移動します。

断熱が十分でない壁は結露をおこし壁の中に水分が落ちます。

断熱が充分でなかったり断熱材にすき間があって壁内が外気と同じ状態になっていると湿気をたっぷり含んだ空気がいきなり冷やされます。
急激に冷えた空気は一気に含む事ができる湿気の量が減ってしまい湿気を空気中に止めておけず、壁の中で落ちてしまいます。

昔の日本家屋は、壁の内部に断熱材として土壁を用いていました。
土壁自体の断熱性はグラスウールに比べて1/10程しかありません。

しかし、昔は、今の用に部屋全体を暖めるような暖房器具もありませんし
冬の寒さは室内をどんなに温めても、なかなか温度が上がらず空気中の湿気も含む事ができず
比較的、室内が高温多湿になる事がありませんでした。

また土壁は吸湿性や透湿性を持っていますので、最悪湿度の高い空気が急激に壁内で冷やされても
結露の水滴があまり表に出てくることはありませんでした。

しかし、近年、省エネと快適性を求める事で断熱材の充填が標準となりました。

そこで、安価で施工性が高いグラスウールが木造住宅で標準的に使用されるようになりました。
グラスウールは、ガラス繊維を綿状にしたものです。
もちろん吸水性や、透湿性はありません。
その為、内部結露を防ぐためには、グラスウールの袋の表面に「防湿シート」を貼り
湿気の流入自体を止めてしまう仕組みになっています。

グラスウール

防湿層が水分を通さず、熱だけを逃がしてくれます。

グラスウールには防水シートが一緒についています。それを室内側に向けて施工することで暖かい空気は通しますが、湿気自体は通さないシクミになっています。

この仕組みをきちんと理解して丁寧に施工していれば問題も少ないと思います。
ナチュラルステージでも、部分的に使用する事があります。

しかし、思っている以上にこの施工が神経を使うものである事は意外に知られていません。
どんな事に気を付けないといけないかと言うと

1. 防湿層を必ず室内側に施工する

外壁側に施工すると壁内に湿気が入ってしまい内部結露が起きやすくなります

2. 防湿層が破れたら防水テープで補修を行う

防湿層はとても薄いシートが貼られています。その為ちょっとの引っ掻きで簡単に破れます。
やぶれてしまった所がそのままですと、その部分から湿気が入ってしまいます。

ここに書いてみると、本当に大したことではないのですが、
丁寧で正確な施工に全てがゆだねられる素材ではあるのです。

安価で、施工性がいいと思われるグラスウールはこのような基本の取り扱いができないだけで
家を腐食させたり、シロアリの原因となる内部結露が起きやすい事をご理解いただければと思います。
内部結露が起こると、その水滴で軽さで断熱性能を出しているグラスウール自体に重量が発生し
断熱機能すら無くなってしまう事もあります。

ただ、間違って欲しくないのは、グラスウールが悪いわけではないと言う事です。
あくまで施工不良の場合のみです。
ですので、グラスウールを断熱材としてご利用いただく場合は、
施工をきちんと監理してもらってくださいね。

では次に、ナチュラルステージのおすすめ断熱材をご紹介します。

  • セルロースファイバーとは?
  • ガイナとは?

断熱リフォームの施工事例

現在登録されておりません。



「リフォームしたらどんな感じになるんだろう?」「リフォーム工事ってどうやって進むのかな?」施工事例を見てみよう!
ナチュラルステージが頑張れるもとは、お客様からの言葉です!お客様からいただいたお手紙
一級建築士&主婦だからこそ話せるリフォームのコツお客様のお役に立つ為のこだわりが満載!!
壊してみないとわからない!?リフォーム費用の落とし穴!!大公開
失敗しないリフォームアドバイスナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

チラシでおなじみナチュラルステージのリフォームイベントの最新情報はこちら

無料相談・お見積り、大歓迎!ぜひお気軽にご相談ください

無料お見積り・お問合わせはこちら

古民家再生 我が家を大切に住み継ぐ

リフォーム費用の落とし穴!!大公開

イベントの最新情報を見る

採用案内

雑誌で紹介されました!
Reform3に掲載されました!Reform2に掲載されました!

ナチュラルステージ 外壁塗装専門サイト

OBの皆様へ

施工事例

お客様の声

失敗しないリフォームアドバイス

ナチュラルステージのリフォームへのこだわり

お問い合わせ後の流れを詳しく見る

スタッフ紹介ページを見る

イベント相談階にお気軽にお越しください

ナチュラルステージは、キッズスペース完備!

ご来店もお待ちしております

ナチュラルステージ岩倉・北名古屋店

施工エリア

愛知県岩倉市,一宮市,小牧市,江南市,稲沢市,北名古屋市(旧 師勝町、西春町),春日井市,大口町,扶桑町,西春日井郡(豊山町),犬山市
※車で45分以内で行ける地域を対象にしています。上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

相見積もりも歓迎します!もちろん無料!

お気軽にお電話ください AM8:30?PM7:00
お気軽にお電話ください フリーダイヤル
まで、お気軽にお問い合わせください。

※しつこい営業は一切ありませんので、
 ご安心ください

メールでお問い合わせ

安心してまかせられる工務店をお探しの方へ

ナチュラルステージの持っている免許・資格をご紹介します。

ナチュラルステージでは、お客様が安心して、新築・リフォームを頼める会社であり続けることを保証いたします。

一級建築士免許証

日本住宅推進協議界 会員証

一級建築士免許証

JIO(日本住宅保証検査機構)
登録証

一級建築士免許証

ダブル断熱
(セルロースファイバー+EPS)
認定店登録

窯業サイディング塗替診断士認定証

窯業サイディング塗替診断士認定証

建設業登録
愛知県知事(般・23)第60922号

このページのTOPへ